日本酒を嗜む

2013年9月13日 (金)

山廃仕込純米酒「天狗の舞」

石川県白山市在・株式会社車多酒造製「純米酒 天狗の舞」を嗜む。
文政六年創業、と金文字でラベルにある車多酒造。
Dsc00916c ぐい呑?が有田・陶器のため透過光は期待できない。そこでこれ、
Dsc00922c なんと、琥珀色!これが(山廃仕込の)特長か。
口当たりさっぱり、しかもノド越しドスン!結構来ますね。
辛口なんだろうが、菊水ほどのキレはなくストレートにさっぱり、みたいな感じか。
あの、アテは無敵の「かつを酒盗」でいただく。感想・・・うーむ。これもありか?

2013年9月 9日 (月)

寒仕込辛口「梅の舞」

新潟の酒である。
Dsc00904 新潟県小千谷市・高の井酒造株式会社謹製、寒仕込辛口「梅の舞」。ラベルに(登録店限定之酒)とある。製造年月・2013 07、と印刷。出来たてじゃん!
メーカーHPに「低温発酵により雑味を抑え、すっきりとしたキレと確かな味わいを実現!アルコール分14度のすっきり感と飲み飽きしないこの酒質は晩酌に最適です。また、冷からお燗まで幅広く適しており、どんな料理にも合う味わい」とある。今日は当然、キンキンの冷酒。アテは無敵の「かつを酒盗」。。。ここしばらくは、このアテに合う・合わないが当方の基準になりつつある。
これが所謂、chimao_fukuの《de facto standard》だ!
クセのないスッキリ感、ノド越しの清涼感は魅力だ。辛口の菊水にある(ガツン)系は無し。
新潟は旨い酒を作る処、という印象が深まる。結構早く飲んでしまいそう。

2013年9月 6日 (金)

純米酒「高清水」

降りた地下鉄駅構内の酒屋で、純米酒とやらを購入、720mL900円。
Dsc00892 秋田県秋田市「秋田酒類製造株式会社」製でラベルに(製造年月?)13.6とある。甘辛の目安では中口、スッキリとしたのどごしでスコスコと入る感じ。このスコスコ感が純米酒の特性なのか。

企業HPに相性の良い料理として「燗は鍋料理に、冷やは酸味のある漬物や和え物などの料理。〈きりたんぽ鍋、カキ土手鍋、ぬか漬け、野沢菜漬け、など」との記載。さっぱりした口当たりなので酸味の効いたアテがいいのかも、特に冷酒で嗜むには。

ちなみに「かつを 酒盗」で飲んでみたが、酒の軽さが酒盗に押し負けた印象。辛口の菊水に替えてみると、酒盗とほどよいバランスを保った感じだ。

酒と料理のバランスは組み合わせ次第でその印象が全く変わる。それほど料理の持つ存在感は強いのだろう。

次は何にしようかな?

2013年9月 3日 (火)

酒のアテ「かつを酒盗」good job!!

昨日の日本酒を美味しく嗜むために、会社帰りに博多駅食料品売場に立ち寄り、買い求めた二品。
「おさしみ いかの塩辛」と「かつを 酒盗」。
Dsc00866 いかの塩辛はNGだったが、酒盗がGoo jobである。
ラベルにあるフレーズ(和製アンチョビ)はナイスだ。神奈川県小田原市「株式会社しいの食品」製で、創業明治27年だから120年の老舗と言えよう。「酒盗といえばしいの」というらしいが、なかなかの自信である。見た目小瓶の容器に、蓋スレスレまでぎっしりと詰まっていた。
小瓶から出すと箸の先に糸を引きそうなほど、ややマッタリとした粘り気を感じる。これがいわゆる「原料である魚ホルモン(カツオ・マグロの胃や腸)に元々含まれる酵素により、長期間に及ぶ塩蔵熟成で魚ホルモンそのものを自然発酵」させ、出来上がった「うま味物質」とメーカーのHPにある。
キリリと冷えきった辛口の日本酒に、まー良く合う合う。商品タイトルの通り「酒がどんどん進む。酒を盗みたいほど箸が進む」とは、上手いネーミング。しばらくクセになりそう。。。

2013年9月 2日 (月)

菊水の辛口

初めてではないだろうか、日本酒買って帰宅するのって。
何故だか幾日前から、無性に日本酒が飲みたかった。吟醸か純米ってやつを。
降りた地下鉄の駅構内にある酒屋(っていうよりリカーショップ?、しかも定価売り!)、冷蔵ショーケースを覗き、しばし迷う。

純米か吟醸か。。。
逡巡の結果、手にしたのがこれだ。

Dsc00859_2
「菊水の辛口」新潟県・菊水酒造、2013.05.28製。メーカーHPには「さんまの塩焼きのように塩辛味の強い肴や、天ぷらのように油を使った料理とよく合います。」とある。ナルホド、そうでしょう!

コメントに有るようなアテは、今夜ありません。

アテ無しでグラス二杯ほど嗜む。HPのコメントに「おっしゃるとおりでございますっ」って感じ、今だに余韻が残ります。

これ、良いかも。。。

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと