蒸気機関車

2013年8月24日 (土)

夕張線・紅葉山駅を発車する「D51320号機」

夕張線・紅葉山駅である。
D51 天に届かんばかりの黒煙を昇らせ、D51320はゆっくりと発車した。辺りの山間にこだまする汽笛、吐き出すドレイン、ドッ・ドッ・ドッ・ドドッ。一定のリズムで動輪が回る。三脚を据え、カメラを構えた場所に次第に近づく。まるで鉄道模型のレイアウトのような世界だ。耳朶に残るドラフト、こだまする汽笛、遠い夏の日の記憶。

Minolta SRT-101+135mm/F3.5 Neopan SS、1975年夏・夕張線紅葉山駅

岩見沢第一機関区「D5160」を撮る

1975年当時の所属が岩見沢第一機関区ということだが、この撮影場所が果たしてその機関区であったのかどうか自信無く、追分機関区だとばかり思っていた。D5160号機、ナメクジドーム機である。
ご覧の通り、撮った場所とアングルは貴重だ。
D5160a この台を何と呼ぶのか?点検台?清掃台?
後方には投入されたDL機(DD51か)やD51が見え、背の高い照明塔も見える(空の白さに埋もれてしまったが)。

Minolta SRT-101+55mm/F1.4 Neopan SS、1975年夏・室蘭本線岩見沢第一機関区?

2013年8月17日 (土)

追分機関区1975夏(扇形機関庫)

1975年夏、初の北海道渡道。
全国唯一、残された僅かな蒸気機関車営業路線に、私は友人とともに九州・博多からやって来た。
新幹線、北陸本線、青函連絡船、函館・室蘭本線と乗り継いで。
初めて訪れた追分機関区、区内立ち入りの許可を貰い、扇形機関庫を撮影。
わずか2枚の写真しか残っていないのが残念だ。しかも露出に失敗し、庫内がほとんど潰れている。2_2
しかし、デジタルの威力は凄いの一言だ。シャドウ部を明るくすると、庫内の状況が蘇る。

2a_2
さらにもう一枚。

Photo_3
このアンダーなカットでも、デジタルの力を借りれば何のこともない。

A_2
扇形機関庫に十数両の機関車たち。中で憩い合う様子が見える。煙突の本数や、手前の転車台を見ても、規模の大きな機関庫だとわかる。

高校時代に写真部の部室を借り、懸命に潰れた箇所を起こそうと苦労しながら紙焼きしたことを懐かしく思いながら、現代の暗室作業の余りにも簡単なことに、言葉を無くしてしまう。

それでも、便利さを優先させ、上記二点をアップした。

Minolta SR-T101+28mm/F2.8 Neopan SS、1975年夏・室蘭本線追分機関区

2013年8月16日 (金)

日豊本線・宮崎機関区「C57109号機」

南国・宮崎、真夏の太陽、まだ午前中だというのに既にギラギラである。
機関区事務所で区内立ち入りの許可をもらい、職員のジャマにならぬよう気を付けているが、それでも機関車を目の前にした興奮は抑えきれなかった。
機関区内すべての機関車を撮り尽くすまでと思いながら、あちこちの機関車にカメラを向けた。
その中に門鉄デフも美しい一両が出発前のひと時を静かに過ごしていた。
先頭部に回ると頭上からの太陽が眩しい。
「そうだ、シルエットにしてみよう」と思ったが露出が難しい。ファインダ内TTLの針は太陽の明るさをまともに喰らって振り切れており、レンズのゴーストもまこと盛大に走る。そうしながら、シャッター速度を変え何枚か撮った中の一コマがこれである。

C57109b
ナンバープレートの質感が出て良い感じだ。周りの多少目ざわりなものも、この時の良き記録、撮った自分を誉めてあげたい。

Minolta SR-T101+55mm/F1.4 Neopan SS、1972年夏・宮崎機関区

2013年8月15日 (木)

日豊本線・宮崎機関区「C57117号機」

C57117号機の写真は唯一この1コマのみである。誠にもって残念なことだ。
1973年(昭和48年)4月9日・10日・12日、宮崎植樹祭が開催された際に日豊本線でC57 117が牽引した。最終日となる12日の運転区間は宮崎 - 延岡間で、これは蒸気機関車が牽引する最後のお召し列車となった。(Wiki)とあるように、日本国有鉄道史上、記念すべきカマであったのだが、日本の何処にもこのカマの姿はない。
現役時代のC57117号機、煙室扉からは生きてる証のように漏れ出る蒸気の痕跡。
1972年夏、博多から初遠征時の撮影。宮崎機関区には他のC57やC61が現役稼働中であり、まだまだ活気のある時代であった。

C57117
この撮影翌年の1973年4月、当時残存するカマを代表して、国鉄蒸気機関車最後のお召し列車牽引の栄誉に浴したのである。その役を担う緊張感はこの写真を見る限り感じないが、余程にカマの状態が良く、機関士たちの信頼が高かったのだろう。

Minolta SRT-101+55mm/F1.4 Neopan SS 1972年夏・宮崎機関区

2013年7月14日 (日)

夕張線でD51を撮るII

久々の蒸気機関車写真upだ。

夕張線で撮ったのだが、区間名不詳(というか記憶に無い)。幌内線撮影時同様、雨中の撮影であることは間違いがない。ただ、傘をさしていたのか帽子&タオルの頬被り状態だったのか、全く記憶に自信がない。夕張線の何処かの跨線橋から正面及び追っかけのカットである。機番D51349、ギースル・エジェクタの煙突だ。現在、長野県岡谷市に静態保存と聴く。

空のセキを牽いてD51はやって来た。
D51 跨線橋通過後、後方からもう一枚。
D51_2D51牽引の貨物列車は、軽快にクランク音を響かせながら彼方へと走り去っていった。

Minolta-SRT101+55mm/F1.4 Neopan SS 1975年夏 夕張線(撮影区間不詳)

2013年5月 1日 (水)

日豊本線・宮崎機関区「C6120号機」III

日豊本線・宮崎機関区内、C6120号機右サイドからの撮影。静かに佇むC6120号機の横顔は、甲冑を纏い合戦を控えた若武者の面構えにも見え頼もしい。
C6120 デフ表面に物語る年月の痕跡、現役当時ならではの素顔である。何の脚色も無い極めてナチュラルな表情、営業運転開始以降日々の風雪の中で刻まれたシワ。観光用途化した復活蒸機に持ち合わせないものである。余剰となり長駆、東北から移籍した数両のC61群。ここ九州・宮崎機関区が最後の活躍の舞台となった。文字通り風雪の北国から南国宮崎へ、終焉を迎えるには願っても無い路線ではなかろうか。軋む体を暖かい南国・宮崎の太陽の下で癒して欲しいものだ。

Minolta SRT-101+55mm/F1.4 Neopan SS 1972年夏・宮崎機関区

2013年4月14日 (日)

室蘭本線でC57牽引の客車を撮る

登別駅発のD51貨物列車を撮影した後、本線上の大カーブに移動。しばらく待つと遠くから汽笛が聞こえて来た。持参したSLダイヤ情報誌に「C57客レ」とスジ引きされていた。やがて横風に煙りを流されながらC57牽引の客車がやって来た。辺りを覆い尽くさんばかりの黒煙を吐き出すC5757号機。追分駅で見た機関車である。
C572 写真を拡大すると客車の窓、乗降口に数多くの乗客が見える。更に通過するそばにファンらしき人物、沿線には通称「ハエタタキ」と呼ばれる電柱が。炎天下ではあるが風は爽やかな記憶があり、さすが北海道の気候だった。

Minolta-SRT101+135mm/F3.5 Neopan SS 1975年夏 室蘭本線(撮影区間不詳)

2013年3月31日 (日)

山陰本線長門市駅で「D51612」を撮る

駅名不詳である。この日は山陰本線滝部付近でD51走行写真を撮った後、このD51612牽引の客レに乗り、長門市駅まで移動したところまでは記憶が蘇ったものの、乗車したこの駅が(滝部駅だったか)どこなのか思い出せず、写真にも手がかりになるものが写っていない。単線区間で島式ホームの駅しかわからない。41年も前のことで致し方ないか。

初冬の午後、駅職員の服装と斜光線が季節を物語る。その斜光線が愛用のロッコール28mmレンズに豪快なゴーストを入れてくれた。運転台が露出に引っぱられなくて良かったか。運転席の窓ガラス越に機関士の横顔がシルエットになっている。列車後方に向かって歩く駅職員は、離合列車との交換に所定の位置へと急ぐ様子だ。離合待ちのD51列車と冬の陽の午後。しばし待ち合いのひと時である。

D51612 D51列車に乗り、長門市駅で下車した。偶然にもこのD51612号機は1974年11月30日の山陰本線無煙化まで延命し、翌1975年1月12日の広島鉄道管理局主催のさよなら運転を牽引し、2月15日に廃車となったようだ。当時の国鉄はさよなら列車を牽引した当機を記念し、長門市駅前に動輪を保存展示している。
D516122初めて来た長門機関区ではあったが撮った写真が他に残っていない。

Minolta-SRT101+28mm/F2.8 Neopan SS 1972年初冬・山陰本線(1コマは駅名不詳)及び長門市駅構内

2013年3月30日 (土)

追分機関区「夜の情景」

虎シマ模様の96が静かに佇む追分駅構内。夜の帳が降りて場内を照らす水銀灯が眩しい。機関区内にある職員用のお風呂を使わせてもらい食事まで頂いた後、この場所にやって来たのだろう。初の夜間撮影を試みたくて三脚を立てたかと思う。広い場内には夜の仕業を待つ入替用の96が息づいていた。

9600_2辺りにはSLファンの姿も無く一人のんびりと過ごした時間。今となってはこれも貴重なワンショットだ。

Minolta-SRT101+55mm/F1.4 Neopan SS 1975年夏・北海道 室蘭本線追分駅構内

より以前の記事一覧

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと