阿蘇とその周辺

2012年1月31日 (火)

曲に似合う写真(ブランデンブルグ協奏曲と秋の南阿蘇)

外気温1.7℃の放射冷却か、冷え込んだ朝である。
バッハのブランデンブルグ協奏曲を聴いている。曲にあう絵を探す。今朝はこんな感じか。1番から6番まで第1楽章のみ、繋いで聴いている。

20120131

とうとう風邪を引いたようで昨日から、鼻水が出ている。喉もやられた。
今の我が家には、お産で育児中の長女の「生まれて間もないの赤子」がいるので、私は当分の間、自室で「隔離」状態である。
2003年秋・南阿蘇/高森(α9000+28/70G)

 

2012年1月29日 (日)

阿蘇夜景を撮る(俵山にて)

満月であったと思う。
南阿蘇・高森で撮影を終え、冷えた体を高森温泉館の湯で暖めた後、帰路のについた。俵山展望台に差し掛かった頃、阿蘇五岳山頂に月が昇った。煌煌とした月、雲も少ない。見通しの良い場所に車を止め、しばらくドアの窓越しに見ていた。
次はいつ、同じ機会に出逢えるかどうかわからない。体が冷えることを覚悟して撮影の準備に入った。

20120129

月は昇り始めると早い。画角を調整しリモートレリーズを押す、いつもの長時間露光である。時間の流れが一コマのフィルムに記録された。
α9000+80/200APO
2003年秋・熊本県俵山

2012年1月12日 (木)

阿蘇とその周辺(南阿蘇初冬の小景)

平地ではまだ見ぬ雪が南阿蘇・高森周辺で見ることが出来た初冬の一日。この日は、お気に入りの高森温泉館で冷えた体を温めた。稲刈りも終わり、明春の田起こしまで田畠では初冬の風景を見せてくれた。溶け出した昨夜来の雪は早朝に凍結、一部の雪を残し見た目に面白い造形を楽しませてくれた。気温の上昇で凍結面はシャーベット状に変わり、閉じ込められたあぶくに指を指すと、じわっと来る冷たさが指先から体全体に伝わって来た。

20032002年初冬・高森

2011年9月18日 (日)

阿蘇とその周辺(次男作品・阿蘇山頂で見た霧氷II)

次男(当時小学生)の目線が面白い。
阿蘇山頂にある噴火時待避壕屋根に見た霧氷。雲なく無風の空を背景に切り取った風景、息子の感性を感じるひとコマだ。

_0014

2011年9月13日 (火)

阿蘇とその周辺(次男作品・阿蘇山頂で見た霧氷)

当時小学生だった次男と一緒に、阿蘇山頂を目指した。
1台のカメラで好きなように撮らせ、次男目線が捉えたショットを見てみた。
なかなかのショットがこれだ。いい感じでピントがきており、しかも周りの情景もしっかり取り込んでいる。マニュアルフォーカスのMinolta X-700だが、ピントも露出も申し分ない。
いいな、と思った。

_0009

2011年7月26日 (火)

阿蘇とその周辺(高森・初秋の候)

以前既出の前後作品である。空気は限りなく乾燥し爽やかの一言。頬に当たる心地よい風も決して冷たくなく、暑くもない。

もっとも気持ちよい季節、初秋。しかも南阿蘇・高森はそれなりに標高もある。空気は澄み、風穏やか。幾分、西に傾いた太陽から健康的なエネルギーが燦々と。

サルビアを前景に、絵画的な雲を背景に、この日の根子岳はとても粋な姿を見せてくれた。

Photo

2011年7月18日 (月)

阿蘇とその周辺(群青の空)

初秋の深夜、爽やかな冷たさを感じる空気に触れて明朝の晴天を確信した。昨晩準備した道具を積み込みながら、夜明けの時間を逆算し、出発の時を待った。
深夜の国道から高速に入る。眠気覚ましを兼ねてアマチュア無線用リグの電源ON。帯域をスキャンしながら交信中先を探査。プロドライバーの交信に耳を傾ける。どうやらローカル局と交信している様子、おなじみさん同士のようだ。
ブレイクを控えてメインの周波数に戻りCQをかけた。「CQ、CQ、こちらJN6×××、高速移動モービル。144.06で待機します」と呼びかけ応答を待つ。
「JN6×××、こちらはJA6×××。おはようございます」とフルスケールで応答がある。ロケーションが良いのか、はたまたかなり高いアンテナなのか。「JA6×××、JN6×××、了解です」と応答し、感度と現在地を報告。どうやら高速沿線局のようだ。しばらく交信を続けながら天候、道路などいろいろと情報をやり取りしながら感度が落ちる前に交信を終了。こういったことを繰り返しながら撮影地に向かう訳だ。
いよいよ本日の撮影地に近づく。東の空が次第に群青色になり始めた。前回見つけたポイントに到着。少し風があるが三脚がぶれるほどではない。前日準備した機材をセットし、ファインダを覗く。まだまだ暗く被写体がはっきりとは見えない。しかし、愛機・α-9000のフォーカスエリアは確実に被写体をロックした。
ゆっくりとレリーズを押す。それから段階露出をかけながら数カット。現像後にしかわからない出来上がりをイメージし、シャッター速度を変更しながら更に数カット。デジタル一眼の現在では想像もつかないフィルムの世界は、軽い緊張感を味わえた。

_0002少し風が落ち着き、周りもぼんやりと見えるようになった。もやの向こうに厳然と立つ阿蘇の稜線。それを背景として立つ2本の木が、草原で遊ぶ親子のように見えた。

_0003

 

2011年7月 3日 (日)

阿蘇とその周辺(俵山〜高森)

春うらら、早朝からの陽気に誘われ高速で高森に向かった。(トンネル完成前の)俵山を越える。春の柔らかい日差しが斜面に注ぐ。気持ちもたおやかになり、のんびりとカメラを向けた。

_0001

車を高森方面に走らせ、いつものポイント・国民休暇村を通過。波野に抜ける峠の途中から右折、はじめての道に入った。
これから本格化する農繁期の準備だろうか、良く肥えた畑に人の手が入っている。周りを林に囲まれた畑に描かれたラインが美しかった。陽はそろそろと西に傾き始め、林の木の影が畑に延びていた。

_0001a



2011年6月12日 (日)

南阿蘇・高森から見た根子岳

車で宮崎出張の帰り、高千穂経由で高森峠を越えたところで眼前に阿蘇五岳が見えて来た。国民休暇村・南阿蘇まで来ると、根子岳は圧倒的な存在感を示した。急ぎ車を止め、三脚とカメラをセット。小一時間、撮影に専念した。十数年前のこと。

Photo

秋空に空気は澄み、刷毛で履いたような雲が爽快だ。屹立した岩肌とその形は男性系だ。手前の花園は私営レストランの庭園で、広大な敷地の一角。ヘリコプターも離発着できるとのこと、これは店のオーナーに聞いた話である。

2011年6月 4日 (土)

晩秋の候

撮影地に到着したとき、あたりは雨上がりで霧のような状態であった。稲刈りが終わり積み上げられた藁。特異な形にカメラを向けた。

_0005

時間が経つに従い、天候は急速に回復した。朝の柔らかい日差しとちぎれた雲が季節感を醸した。遥か彼方に阿蘇の山並み、前景にススキを配置。この写真を見るたびにそのときの爽快な空気感が蘇る。

_0003

より以前の記事一覧

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと