« TEAC A-H01 & YAMAHA NS-BP400 ユーザー・レビューII(室内楽曲編) | トップページ | 母の誕生日に感謝 »

2013年11月 8日 (金)

ブラームス「交響曲第3番・第3楽章」を聴き比べる

フランソワーズ・サガン原作「ブラームスはお好き」の映画化「さよならをもう一度」(1961年米仏合作映画)で使われた、ブラームス「交響曲第3番・第3楽章ポコ・アレグレット」の、聴き比べをしてみた。以下、録音・発売年代順。

いずれも演奏時間6分〜7分前後の非常に短い楽章であるが、よく聴くとそれぞれに微妙な違いもあって面白い。同じオーケストラでも指揮者が違うと音まで変わって聞こえるのも興味深い。

ベーム、ジュリーニ、レヴァインそれぞれが指揮したウィーン・フィルにしても、カラヤン、アーノンクールが指揮したベルリン・フィルにしても、指揮者の解釈が異なることから、同じオーケストラとは思えない音。
例えはおかしいと思うが、同じ素材で別の料理を作るって感じか。それとも同じ料理に調味料と香辛料の加減が異なると言う感じか。上手く言えないがこればかりは、聴いてみないことには伝わらないか。
会場とか録音状況とか、レコーディング時のスタッフとか、エンジニアとかが異なることも違いに出るのかも知れない。いずれも先入観を持たずに聞いてみることが一番だろう。

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア響(1960年)
Images1
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル(1964年)
Karayanbrahmssymphony_no3
サー・エードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィル(1971年)
Index_5
クルト・ザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1972年)
1
カール・ベーム指揮ウィーン・フィル(1976年)
Brahms_34
カラヤン指揮ベルリン・フィル(1977年)
7
サー・ゲオルグ・ショルティ指揮シカゴ響(1978年)
3_4

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウィーン・フィル(1990年)
Index0
ウォルフガング・サヴァリッシュ指揮ロンドン・フィル(1991年)
325
ジェイムズ・レヴァイン指揮ウィーン・フィル(1992年)
Index_5_2
小林研一郎指揮ハンガリー国立響(1992年)
1_2
ベルナルド・ハイティンク指揮ボストン響(1993年)
1_5
ズビン・メータ指揮イスラエル・フィル(1994年)
1c
ウラディーミル・アシュケーナージ指揮クリーブランド管(1994年)
1_4
朝比奈隆指揮大阪フィル(1995年)
3_2
ニコラウス・アーノンクール指揮ベルリン・フィル(1996年)
Indexb
小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラ(2000年)
Sko

この中で特出しているのは、非常に繊細な弦楽に心洗われる思いのするザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏。包み込む包容力に体全身が暖まる名演だ。1548年ザクセン選帝侯宮廷楽団として設立され、現存するオーケストラとしては1448年に設立されたデンマーク王立管弦楽団に次ぐ歴史を持つ(Wiki)にあるように歴史は古く、数多くの指揮者が演奏して来た欧州屈指の名門オーケストラだ。繰り返し聴いても同じ感想を抱く演奏に敬意を表したい。

« TEAC A-H01 & YAMAHA NS-BP400 ユーザー・レビューII(室内楽曲編) | トップページ | 母の誕生日に感謝 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/53736342

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス「交響曲第3番・第3楽章」を聴き比べる:

« TEAC A-H01 & YAMAHA NS-BP400 ユーザー・レビューII(室内楽曲編) | トップページ | 母の誕生日に感謝 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと