« TVドラマ「半澤直樹」、最終回の夜 | トップページ | 夜明け前、ベートーヴェン「交響曲第6番・田園」を聴く »

2013年9月23日 (月)

ドラマ「半澤直樹」で観せた中野渡頭取は。。。

昨夜の最終回で中野渡頭取が下した辞令の奥底に、清濁併せ呑む日本古来の人心掌握の術を見た。
辞令を受けに、頭取室にやって来た大和田の表情は、以外にもさっぱりとしたものであった。
長い間取り付いていた物の怪が落ちた顔、とでも言おうか。
彼曰く「懲戒解雇も免れない」背信行為を行なったにもかかわらず、言い渡された辞令は「取締役への降格」人事であった。
その人事に最も驚いたのは当の大和田本人である。
降格人事の発令イコール中野渡頭取が大和田の肝を鷲掴みにした瞬間であろう。

頭取の人心掌握の矛先は、主人公・半澤へと向けられる。
2階級特進もあり得る働きをなした彼に言い渡された子会社への「出向」辞令。期待と裏腹な辞令に驚きが広がる表情。

今回の二人に共通するものは「驚き」であった。
見方によっては「喧嘩両成敗」である。自らの手を汚す事無く、或る意味、漁夫の利を得たのが頭取か。まさに本物の極悪は頭取だったりして。一枚も二枚も上手の役者が目の前に居たのだ。
銀行に限らず他の企業・組織にも有り得るような出来事ではないか。
この続編は池井戸氏の著書「ロスジェネの逆襲」への続く。
61gccffheul_aa300_ 当方電子版で読了済だが、ドラマ最終回を経て再読しようかと思う。

« TVドラマ「半澤直樹」、最終回の夜 | トップページ | 夜明け前、ベートーヴェン「交響曲第6番・田園」を聴く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/53365374

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「半澤直樹」で観せた中野渡頭取は。。。:

« TVドラマ「半澤直樹」、最終回の夜 | トップページ | 夜明け前、ベートーヴェン「交響曲第6番・田園」を聴く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと