« ドラマ「半澤直樹」で観せた中野渡頭取は。。。 | トップページ | 山本一力著「千両かんばん」読了 »

2013年9月29日 (日)

夜明け前、ベートーヴェン「交響曲第6番・田園」を聴く

夜明け前のひと時、聴くに相応しい曲。ベートーヴェンの交響曲第6番・田園。

第1楽章・「田舎に到着した時の愉快な感情の目覚め」が静かに始まる。
Index 展開部では徹底的に第1主題動機を扱う。 変ロ長調からニ長調、ト長調へと転調しつつ、主題の動機を36回繰り返す。一段落すると、今度はト長調からホ長調イ長調へと転調しつつ同様な反復となる。 再現部では第2ヴァイオリンとヴィオラによって第1主題が示される。4小節目の半終止の代わりに第5小節から第1ヴァイオリンの軽快な句が現れる が、これは第5番の第1楽章再現部でのオーボエの叙唱句と同様の筆法である。第2主題では型どおりにヘ長調をとる。コーダでは展開部と同じように始まる が、すぐに転調して木管と弦のかけあいから弦のみとなり、クラリネットとファゴットの重奏、ヴァイオリン、フルートと続いて全合奏で終わる(Wiki)とある。

数多の指揮者の中で今朝選んだのは、1958年録音のアンドレ・クリュイタンス指揮ベルリン・フィル史上初のベートーヴェン・交響曲全集からである。

第1楽章冒頭から、まさに主題の通りの展開である。
ベルリン・フィルにとって、フランス人系ベルギー人のクリュイタンスが初のベートーヴェン交響曲全集指揮というのも面白いが、仕上がりの見事さには驚きを感じてしまう。フルトヴェングラーでもカラヤンでもなかったと言うことも。

良い演奏は、安心して聴き流せるということなのではないか。部屋の空気と同化したような。演奏が安定してるから、次に来るものへの安心感とか、裏切らない期待とか。

ベーム版も好いが、今朝の気分はクリュイタンシズム?である。

« ドラマ「半澤直樹」で観せた中野渡頭取は。。。 | トップページ | 山本一力著「千両かんばん」読了 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/53424386

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明け前、ベートーヴェン「交響曲第6番・田園」を聴く:

« ドラマ「半澤直樹」で観せた中野渡頭取は。。。 | トップページ | 山本一力著「千両かんばん」読了 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと