« 山廃仕込純米酒「天狗の舞」 | トップページ | 鬼平と中秋の名月 »

2013年9月17日 (火)

Kindle Paperwhiteのユーザー・レビューIV

ユーザー・レビューという程のものでもない。
6月以来、読み進んでいる「鬼平」が、残り一巻をもって佳境に入るわけだが、この数カ月の時間でよくぞ、ここまで読み進んだものだと我ながら感じ入っているわけだ。
Img_0605c Kindle Paperwhiteの導入とその効果は、言うを待たない。わずか3ヶ月間で二十二巻を読み進んだことがその証左と言えまいか。
ぐうたらを自他共に形成するchimaoであるが、この短期間にこれだけの分量(というか画像量?)を熟すかといえば、老眼予備軍のchimaoにとってそれは「ないでしょ!」的示唆に富む指摘である。
ま、いずれにしても「鬼平」である。残る二十四巻をもって(著者・池波正太郎氏の死去により)未完で幕を閉じるわけだが。
chimaoがこれほど《時代劇小説》にのめり込むキッカケとなったのは、山本一力著「蒼龍」である。
著者・オール読物新人賞受賞作品である。この作品に出会ったのは、かれこれ十年以上も前のことである。それ以来、《時代劇小説》というジャンルに拘りを持つこと無く、お付き合いさせていただいている。

この傾向は、今しばらく変わり様がないような気がする。変わる理由が見つからない。それほど、時代劇小説というジャンルが今のchimaoに違和感が無いということなのか。恐らく、そうなのだろう。

平和な一日の終りだ。

« 山廃仕込純米酒「天狗の舞」 | トップページ | 鬼平と中秋の名月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/53296368

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Paperwhiteのユーザー・レビューIV:

« 山廃仕込純米酒「天狗の舞」 | トップページ | 鬼平と中秋の名月 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと