« 母の生命力 | トップページ | マリア・ジョアン・ピレシュで「ショパン」のノクターンを聴く »

2013年7月 9日 (火)

マリア・ジョアン・ピレシュで「モーツァルト」のピアノ曲を聴く

北部九州地方は昨日、「梅雨が開けたとみられる」と気象台は発表した。昨年より15日早いそうな。開けた途端、いきなりの30℃超え(最高気温34.3℃)の猛烈な暑さ、呼吸するのが苦しくなるほどである。アスファルトは高温の風を起こし、噎せ返る。いよいよ本格的な夏の到来か。
こんな暑さで参りそうな日にはこれ、モーツァルトがいい!
Maria João Pires(マリア・ジョアン・ピレシュと読むそうな)のピアノで「モーツァルト」のピアノ曲を聴いた。
Index_5 ピアノ・ソナタ K.309, K.332, K.570
Index0 同じくK.551, K.331(トルコ行進曲) K.457

1944年ポルトガル生まれの彼女、7歳でモーツァルトの協奏曲を公開演奏したというから驚きだ。9歳で、ポルトガル政府から青少年音楽家に与えられる最高の栄誉を受け、1970年ブリュッセルでのベートーヴェン生誕200周年記念コンクールで首位。この間に、個人的にヴィルヘルム・ケンプの薫陶を受ける。1970年代には、デンオンと契約してモーツァルトのソナタ全集を録音した。(Wiki)
今は70歳近くの高齢者であろうがCDジャケットの彼女は、円熟感漂う笑顔が素敵だ。
気持良く聴かせるモーツァルトだ。23年ほど前の録音であるが気負いとか衒いもなく、弾きこなしを感じさせるピアノだ。暑い夏の朝には良い!と思う。

« 母の生命力 | トップページ | マリア・ジョアン・ピレシュで「ショパン」のノクターンを聴く »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/52371493

この記事へのトラックバック一覧です: マリア・ジョアン・ピレシュで「モーツァルト」のピアノ曲を聴く:

« 母の生命力 | トップページ | マリア・ジョアン・ピレシュで「ショパン」のノクターンを聴く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと