« クラシックのライブ演奏を考察する | トップページ | Karajan 1970s、入手す! »

2013年7月29日 (月)

Great Works For Cello & Orchestra (Mstislav Rostropovich)を聴く

Vivaldi: Cello Concerto In C, RV 398 - 1. Allegro
41ms49g84jl_sl500_aa300_
再生回数56回。僅か3分10秒の短い曲でありながら、印象に残る名演だ。
Great Works For Cello & Orchestra (Mstislav Rostropovich)、というアルバム冒頭の曲だが、何度聴いても聴き飽きない。と言うことは所謂、名曲&名演ではないか。1978年のアルバムとあるので、ロストロポーヴィチ51歳の演奏か。
私のライブラリ中、最多再生回数曲は、Bach: Orchestral Suite #1 In C, BWV 1066 - 1. Ouvertureの79回。Karl Münchinger: Stuttgart Chamber Orchestraの演奏で、2012年12月27日以来この回数を超える演奏は未だにない。
418y3h4eywl_sl500_aa300_
早朝、と言っても夜明け前に目覚めて、聴いていて徐々に心が高揚、しかも爽やか、そんな曲であり演奏だ。

« クラシックのライブ演奏を考察する | トップページ | Karajan 1970s、入手す! »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/52659539

この記事へのトラックバック一覧です: Great Works For Cello & Orchestra (Mstislav Rostropovich)を聴く:

« クラシックのライブ演奏を考察する | トップページ | Karajan 1970s、入手す! »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと