« カール・ベーム「交響曲集」を聴く | トップページ | バッハのヴァイオリン・パルティータ第3番BWV1006を聴く »

2013年6月25日 (火)

Kindle Paperwhiteのユーザー・レビューIII

Kindle Paperwhite導入以来、私の読書習慣は劇的に変わった。
なにより、紙の書籍を読まなくなった。
文字(フォント)が小さい、重い、嵩張る、高い。。。等々である。
ベッドで読書灯を点けなくなった。点ける必要が無くなったからだ。真っ暗なベッドの上で、Kindle Paperwhiteを紐解けば(この表現も間違いであるが)目に優しい輝度で頁を表示してくれるからだ。眠くなれば閉じればいいのだ。そのまま朝まで熟睡すればいいのだよ。

ここ最近の読書の履歴がわかる。
Photo 「鬼平犯科帳」ばかりが並んでいる。
電子書籍がこれほどまでに私の読書習慣を変えるとは、予想だにしていなかった。「これなら、もっと早くから始めてればよかった」と思ったのが正直なところだ。
特に、読書(本)好きで、高齢者(視力が落ちたことを嘆いている方)等には持って来いのツールである。ただし残念なのは、電子化済の書籍が少ないことだ!
今は読みたい本(例えば池波正太郎の鬼平シリーズが全巻電子化しているからまだ良い)がまだあるから許せるが、何時かは無くなるのを考えると釈然としない。
好きな作家「山本一力作品」も然り、せめて文庫本化した作品は電子化してほしい。恐らく出版元と電子化の折り合いがついていないのだろう(書作権がどうの、版元の利益がどうの、古本業界への貢献がどうの等々)しかし、読者目線で物言うとそれは間違っていると言わざるをえない。業界の利益を読者が負担するなんて、なんで?と言うことだ。読みたいのは読者でその欲求に応えるのが版元ではないのか?全くもって読者目線になれない出版社に言い知れない不満を抱えるのは私一人ではあるまい。
出版社は読者に電子書籍と紙の本との選択肢を与えるべきではないか。
今後、電子化は時代の流れから避けられないと思います。従ってこれまでの書籍関連業界の仕組みを考え直せばいいのではないか。古本の業界ともきちんと協議して。
そしてその前に著者に問いたい、著者は作品をどの形態で出したいのか。紙の本か、電子化か。作品化するのは著者であり、著者の思いがまずは優先すべきであろう。
なんともグダグダと言いたい放題の内容になった。しかし、喫緊の課題であるのは論を俟たない。

« カール・ベーム「交響曲集」を聴く | トップページ | バッハのヴァイオリン・パルティータ第3番BWV1006を聴く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/52178823

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Paperwhiteのユーザー・レビューIII:

« カール・ベーム「交響曲集」を聴く | トップページ | バッハのヴァイオリン・パルティータ第3番BWV1006を聴く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと