« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

山本一力著「いかずち切り」再々読

山本一力著「いかずち切り」再々読する。
280 この作品の見せ場が次の箇所であろう。すなわち、 「喉元過ぎれば熱さを忘れるというが熱さを忘れた連中に、喉がやけどを負いそうになっていたころを思い出させる。それがおれの稼業の証文買いだ」

解説でも記されているが歌舞伎で言う「見栄」の場面だ。

市井ものを多く手がける山本作品の常連、札差の伊勢屋四郎左衛門が証文買いの「いかずちの弦蔵」に相談するが、それはおのれの利益ごとにではなく、札差相手にひそかに進行する大掛かりな騙りを懸念する。江戸と大坂・堂島を舞台として、幕府のコメ空売り50万両に一口乗らないかという詐欺に、伊勢屋に次ぐ身代の和泉屋喜平次がまんまと乗せられ、身ぐるみ剥がされるほどの金高、5万両を取り返すという筋書きである。当時の江戸〜大坂間のカネのやり取りで両替商が構築した為替小切手の仕組み、江戸・大坂間の距離を飛脚と千石船とで競う場面など、興味深いものがある。

一力作品に見られる江戸市井の文化と生業、それの裏と表にある人々の生き様は或る面で現代と重なることも多い。常日頃一力作品に感心させられるのが、それら人々の姿を正面から捉えた筆致に、重ねられた調査結果を十分に感じることが出来る。恐らく現実の生活面で東京・江戸下町の庶民の中で息づいておられるのではなかろうかと推察する。今後の活躍を更に期待するものである。

ツツジと潮干狩り

三連休初日、好天の中久々にチャリで図書館へ。風爽やかで海からの風は肌に刺さなくなった。
図書館周辺の植え込みに咲くツツジの花もその数を増していた。陽は西に傾き、僅かに色温度が低い。

20130427_155420 もう一コマ
20130427_155351

この色温度に関してWikipediaに記載があるので長くなるが参照したい。以下Wikipediaより転用。

色温度(いろおんど、英語color temperature)とは、ある光源が発しているを定量的な数値で表現する尺度(単位)である。単位には熱力学的温度K(ケルビン)を用いる。
色温度は、表現しようとする光の色をある温度(高熱)の黒体から放射される光の色と対応させ、その時の黒体の温度をもって色温度とするものである。どのような物質も、高熱を加えると、その温度によってさまざまな波長放射するようになる。その色合いは、物質ごと、温度ごとに微妙に異なる。たとえばの釘など金属をガスの炎で加熱すると光を発するようになる(実際には温度を持っていればオレンジよりも波長が長い赤外線、遠赤外線などをわずかに発している)。最初はオレンジ色であり、だんだん白く輝くようになる。
一般的な感覚とは逆に、寒色系の色ほど色温度が高く、暖色系の色ほど色温度が低い。これは、日常的に目にする赤い炎は、炎としては最も温度が低いものだからである。理想的な黒体を想定すると、ある温度において黒体が放射する光の波長分布を導き出すことができる。温度が低い時は暗いオレンジ色であり、温度が高くなるにつれて黄色みを帯びた白になり、さらに高くなると青みがかった白に近くなる。
このように、白という色を黒体の温度で表現することができるのであり、この温度を色温度と呼ぶ。

Increasing hues of the Planckian locus

(このカラーチャートは概略図であり、特に物体を特定して色温度を計算したものではない。理論式については プランクの法則 を参照のこと。)

朝日夕日の色温度はおおむね 2000 K であり、普通の太陽光線は 5000~6000 K である。澄み切った高原の空の正午の太陽の光はおおよそ 6500 K といわれる。これらは、一般に考えられている白より、かなり黄色っぽい(実際に物体を照らす光は大気の青色がかなり色味を中和しているためで、6500 K よりも高い色温度のほうが「白」く感じられる)。以上、Wiki。

と言うことで色温度は低いほど赤みがかり、高いほど青みがかる。朝焼け、夕焼けは赤いので色温度は低く、夜明け前や夕闇は青いので色温度は高い。

図書館の帰り、室見川に架かる愛宕大橋を渡る。今日は大潮なのか、潮の引いた河口では潮干狩りを楽しむ家族が。橋の上からカゴの中をのぞくが収穫は少ない様子、しかし遊ぶ姿はみな楽しそうである。
その中のワンショット。
20130427_160141毎年この季節に見られる風物詩である。

2013年4月21日 (日)

母の入院

母が入院した。
今年に入って2度目である。
3月、インフルエンザで1週間入院した。
退院して約一月、今回は「肺炎」である。前回とは別の病院である。そこで初めて
担当医が家族に説明(カンファレンス)したときのメモがある。このメモは担当医が私たちに説明する際に使ったメモで、控えを渡されたものである。
Photo担当医は、いろんな検査結果をわりと詳しく説明してくれた。総合的に見て肺炎と診断したらしい。専門的なことは判らないが前回、インフルエンザで入院した病院とは雲泥の差である。それは患者家族に対するきちんとした説明をするということ。前回病院ではそれはまともになされなかった。というよりもこのカンファレンスを実施された記憶が無いのだ。異なる病院を利用することでこのことに気が付いた。これが説明責任ということになるのだろう。患者家族は入院した病院での治療に委ねるしか他に方法は無く、或る意味、縋る気持ちになっているのだから、本来であれば病院側から患者家族の目線になって治療行為や検査結果、経過について説明してくれるべきだ。特に重篤な患者の場合、家族は一様に動転しており、医者に全てを委ねる気持ちになっているが故に、どこか「お願えしますだ」的な姿勢になってしまう。その姿勢を上から目線的な対応をされても、「患者を治してくれるから」と一歩も二歩も下がった気持ちになってはいないか。医者と患者・家族は対等であるべきと痛感した。

齢92歳、年齢的にも抵抗力の無い母である。逢うたびに小さくなったように思う。だからこそ医療機関はその母に対して最大限真摯な治療を施して欲しいものである。

上記のメモには、現状と今後についてを簡単に記されているが、メモの通りになって欲しくない希望を家族として強く思った。

2013年4月14日 (日)

ツツジ咲く。図書館にて

季節の移ろいは早い。日頃よく利用する図書館の植え込みに、ちらほらとツツジの花が。蕾の数が多い中でところどころに開いたツツジ。つい先日までは「例年よりも早くサクラが」とテレビのニュース、であったが今はもうツツジの季節である。
20130413_133000 さらにアップで。
20130413_133120 iPhone4Sで撮ったのだが、色味は原色に近い。被写界深度が深いためボケ味が出せないが、記録としてはまあまあか。日中の気温も20℃近くまで上がり、刺すような冷たさも緩んだ潮風が、博多湾を渡ってくる。室見川河口付近に架かる愛宕大橋をチャリで渡るときも、その潮風が頬に心地良い。例年以上に厳しかった冬も去り、いよいよ新緑の季節へと切り替わったようだ。

室蘭本線でC57牽引の客車を撮る

登別駅発のD51貨物列車を撮影した後、本線上の大カーブに移動。しばらく待つと遠くから汽笛が聞こえて来た。持参したSLダイヤ情報誌に「C57客レ」とスジ引きされていた。やがて横風に煙りを流されながらC57牽引の客車がやって来た。辺りを覆い尽くさんばかりの黒煙を吐き出すC5757号機。追分駅で見た機関車である。
C572 写真を拡大すると客車の窓、乗降口に数多くの乗客が見える。更に通過するそばにファンらしき人物、沿線には通称「ハエタタキ」と呼ばれる電柱が。炎天下ではあるが風は爽やかな記憶があり、さすが北海道の気候だった。

Minolta-SRT101+135mm/F3.5 Neopan SS 1975年夏 室蘭本線(撮影区間不詳)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと