« 師走の雨、バッハの「平均率クラビーア曲集」を聴く | トップページ | 夕張線・紅葉山駅進入のD511119 »

2013年1月 1日 (火)

「謹賀新年」2013年・巳年黎明

2013年謹賀新年、私の干支、巳年の朝だ。ここ数年でもっとも寒い新年ではないか、只今の外気温は1℃である。
音楽を聴きながら深夜からずっと読書していた。我が師のドキュメンタリーである。J・S・バッハ「管弦楽組曲」、カール・ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団盤である。実に清々しい。久々に聴いた。
418y3h4eywl_sl500_aa300_
お正月にピッタリの旋律、宮城道雄の「春の海」的情緒と同類の響きを感じる。今年の正月休みは暦の関係で9連休となったが、ずっと寒い毎日が続く。せめて景気だけは暖かみのある一年となってほしいものだ。

Photo福岡タワー黎明期の頃である。周辺に建物も無く、道路整備にようやく目処のついた頃ではなかろうか。街路樹もまだ細々としており、点在する街路灯が目につく程度だ。今のタワー周辺とは比べようもない程に、荒涼とした時代であった。
“嗚呼、黎明は近づけり”とのメロディが聴こえてきそうな朝であった。

Minolta-α9000+28/70G Fuji RDP 1980年代初冬 福岡市早良区百道浜

« 師走の雨、バッハの「平均率クラビーア曲集」を聴く | トップページ | 夕張線・紅葉山駅進入のD511119 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/48554020

この記事へのトラックバック一覧です: 「謹賀新年」2013年・巳年黎明:

« 師走の雨、バッハの「平均率クラビーア曲集」を聴く | トップページ | 夕張線・紅葉山駅進入のD511119 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと