« 孫、帰る。そして、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」を聴く | トップページ | 冬の夜に、フォーレ「歌曲集」を聴く »

2013年1月14日 (月)

1999厳冬の背振にて

外は昨夕からの雨、気温6℃。冬の夜更けにValery Afanassiev(ワレリー・アファナシエフ)のピアノでバッハの平均律クラビーア曲集を聴いている。
51wmfdccbbl_sl500_aa280_
緩いタッチのピアノがしとしとと降る雨音に調和している。雨の夜はピアノが良い。
今日は三連休の最終日、明日からまた仕事だ。何をした訳でもなくなんとなく休みが終わろうとしている。読書があまり進まず、読む本はデスクに積んだままになっている。部屋の掃除でもするか。

1999_201301141999年の冬は結構寒かったのだろうか、写真のストック画像を見ていると冬に背振で撮影した作品が多い。上記の作品もその中の一コマ。色温度が高く全体に青みがかっている。35mmフィルムで撮った写真だがトリミングしてみたら、中判サイズになってしまった。これもご愛嬌だ。流れ落ちる渓流のしぶきが岩に凍りつき、見事なつららの造形を見せてくれた。

Minolta-9000+80/200APO Fuji Velvia 1999年冬・佐賀県脊振山中

« 孫、帰る。そして、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」を聴く | トップページ | 冬の夜に、フォーレ「歌曲集」を聴く »

風景写真・冬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/48736814

この記事へのトラックバック一覧です: 1999厳冬の背振にて:

« 孫、帰る。そして、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」を聴く | トップページ | 冬の夜に、フォーレ「歌曲集」を聴く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと