« イングリット・へブラーで「モーツアルト・ピアノ協奏曲全集」を聴く | トップページ | アンドレ・クリュタンス「ベートーヴェン・交響曲全集」を聴く »

2012年11月24日 (土)

Beethoven「Symphony No.9」をバーンスタインで聴く

第九の季節になった。今日一日、ずっと第九ばかりを聴いていた。ベーム&ウィーン・フィル、カラヤン&ベルリン・フィル、ワルター&コロンビア響、バレンボイム&シュターツカペレ・ベルリン等々。
その中で鳥肌の立つ演奏に聴き入ってしまった。
Index4 1989年12月25日、ドイツを東西に分離していたベルリンの壁崩壊を記念し、レナード・バーンスタイン指揮する第九演奏会が東ベルリン・シャウシュピールハウスで催された。
バーンスタインは、メインにバイエルン放送交響楽団、計6つの楽団のメンバーによる特別編成のオーケストラ、東西ドイツの合唱団及び東西ドイツ並びに英米のソリストによるアンサンブルを指揮。
6つのオーケストラ(西ドイツ、東ドイツ、アメリカ、ソ連、イギリス、フランス)で、記念碑的演奏会開催には関係者の尽力があったであろう。
バーンスタインは、ベルリンの壁崩壊という歴史的事実を祝うために第4楽章の歌詞“Freude(歓喜)”を “Freiheit(自由)”に変更して歌わせた。当時、バーンスタインはすでに肺ガンに冒されており、自身もそのことを知っていたというから、彼の渾身の指揮はまさに命がけのものだったのではないか。

ここに、演奏会でのライブ映像がある(http://nicoviewer.net/sm14684393)。約30分弱にわたり第四楽章を指揮するバーンスタイン。時折見せる苦悩に満ちた表情。渾身というに相応しい歴史的名演の「第九」に仕上げていく。演奏終了後幾分間を置いて会場から沸き上がる拍手、そしてスタンディング・オベーション。音響に映像が加わり、歴史的名演の場に居合わせた一人、のような錯覚を憶えた。

ソプラノ:ジューン・アンダーソン
 メゾ・ソプラノ:サラ・ウォーカー
 テノール:クラウス・ケーニヒ
 バス:ヤン=ヘンドリンク・ローテリング
 バイエルン放送合唱団
 ベルリン放送合唱団メンバー
 ドレスデン・フィルハーモニー児童合唱団
 バイエルン放送交響楽団
 シュターツカペレ・ドレスデン・メンバー
 ニューヨーク・フィルハーモニック・メンバー
 ロンドン交響楽団メンバー
 レーニングラード・キーロフ劇場管弦楽団メンバー
 パリ管弦楽団メンバー
 指揮:レナード・バーンスタイン

 録音時期:1989年12月25日
 録音場所:東ベルリン、シャウシュピールハウス
 録音方式:デジタル(ライヴ)

« イングリット・へブラーで「モーツアルト・ピアノ協奏曲全集」を聴く | トップページ | アンドレ・クリュタンス「ベートーヴェン・交響曲全集」を聴く »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/47964026

この記事へのトラックバック一覧です: Beethoven「Symphony No.9」をバーンスタインで聴く:

« イングリット・へブラーで「モーツアルト・ピアノ協奏曲全集」を聴く | トップページ | アンドレ・クリュタンス「ベートーヴェン・交響曲全集」を聴く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと