« チャイコフスキー「ロココの主題による変奏曲」を聴く | トップページ | ブルックナー「交響曲第4番」をカール・ベームで聴く »

2012年11月 1日 (木)

ピエトロ・ロカテッリ「ヴァイオリンの技法 作品3」を聴く

マリーナ・シルプ(Vn)とイ・ムジチ合奏団でピエトロ・ロカテッリ「ヴァイオリンの技法 作品3」を聴く。

ロカテッリの作品は主に、熟知していた楽器ヴァイオリンのために作曲されている。最も重要な出版作品は、おそらく《ヴァイオリンの技芸Arte del violino 》作品3と、12のヴァイオリン協奏曲であろう。ロカテッリのコンチェルトは、長大なカデンツァの役割を負った、技巧的要求の高いカプリッチョ楽章が挿入されている。しかし現在この楽章は、コンチェルトから切り離して、それだけを演奏するのが通例となっているようだ。

ロカテッリはヴァイオリン・ソナタトリオ・ソナタ合奏協奏曲のほか、《フルート・ソナタ集》作品2を残した。初期作品がコレッリの影響を示しているのに対して、後期の作品は、様式的にむしろヴィヴァルディに近い(Wiki)

31kctmghe2l_sl500_aa300_確かに、聴き覚えのあるヴィヴァルディの旋律、明るくももの悲しいはかなさと、気高さの背中合わせが全編に絡む。弦楽器の音色は、秋が似合う。

秋と言えば、佐賀平野で毎年開催されるバルーン大会に家族で行ったその帰り道、陽光に映える鮮やかな色に目が止まった。

Photo 農家の庭先にあるビニールハウスには夥しい干し柿が。干されてまだ間もない頃だろうが、果実の先端には果汁の雫が堪っていた。

Minolta-α9000+50mm/F1.4 Fuji-Velvia 1990年秋 佐賀・大和町

« チャイコフスキー「ロココの主題による変奏曲」を聴く | トップページ | ブルックナー「交響曲第4番」をカール・ベームで聴く »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/47436641

この記事へのトラックバック一覧です: ピエトロ・ロカテッリ「ヴァイオリンの技法 作品3」を聴く:

« チャイコフスキー「ロココの主題による変奏曲」を聴く | トップページ | ブルックナー「交響曲第4番」をカール・ベームで聴く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと