« ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル「合奏協奏曲作品3&6」を聴く | トップページ | 秋の夜長に、バッハ「無伴奏チェロ組曲」を聴く。 »

2012年10月14日 (日)

ブルーノ・ワルター&コロンビア響で「ブラームス」を聴く

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団でブラームスの「交響曲2番、3番、4番」を聴く。
コロンビア響特有の柔らかく暖かみのあるサウンドが部屋に満ちる。
ワルターの指揮がしなやかで、両者とも呼吸のあった名演と言える。
50年以上も前とは思えぬ、アナログならではのしなやかな録音に驚く。
ブローニーサイズのフィルムを全紙に引き伸ばし、端境のない濃淡とでも言おうか。
メリハリはっきりなデジタルにはない、心地の良い曖昧さ。
この時代にこれほどの高品質な録音技術を持っていたアメリカの実力を垣間みる思いだ。
Images1

Images2_2ワルターのブラームス、ベームともムーティとも異なる、何とも暖かみを感じる超一級の演奏だった。☆5つ!

« ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル「合奏協奏曲作品3&6」を聴く | トップページ | 秋の夜長に、バッハ「無伴奏チェロ組曲」を聴く。 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/47450862

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノ・ワルター&コロンビア響で「ブラームス」を聴く:

« ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル「合奏協奏曲作品3&6」を聴く | トップページ | 秋の夜長に、バッハ「無伴奏チェロ組曲」を聴く。 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと