« ブルーノ・ワルター&コロンビア響で「ブラームス」を聴く | トップページ | チャイコフスキー「ロココの主題による変奏曲」を聴く »

2012年10月27日 (土)

秋の夜長に、バッハ「無伴奏チェロ組曲」を聴く。

良い曲だ。
これまで、器楽曲を好んで聴いたことがないが、チェロという弦楽器から奏でられる暖かみのある空気感は、誠に心地良い。
Images2 バッハ「無伴奏チェロ組曲」、ヤーノシュ・シュタルケルのチェロ独奏である。この録音には、奏者の息遣いまでが伝わってくる。
1イメージの重なる景色を選んでみた。静寂の中に身をおいて、漂う空気感を共有する、とでも言った印象だろうか。
Pentax67II+SMC105mm Fuji-Velvia 2005年冬、佐賀県脊振村 

« ブルーノ・ワルター&コロンビア響で「ブラームス」を聴く | トップページ | チャイコフスキー「ロココの主題による変奏曲」を聴く »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

志望動機さん、コメントありがとうございます。
交響曲や協奏曲を聴くことが多い中、チェロを聴いてみました。聴きながら、ストックした写真の中から添付のコマを選びました。凍える手をこすりながら、空気の色が変わるのを待ってレリーズを押した記憶が蘇りました。
チェロの音色と空気の色が瞬間、重なりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/47603775

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に、バッハ「無伴奏チェロ組曲」を聴く。:

« ブルーノ・ワルター&コロンビア響で「ブラームス」を聴く | トップページ | チャイコフスキー「ロココの主題による変奏曲」を聴く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと