« 1975年夏の釧路駅 | トップページ | 室蘭本線・追分機関区「転写車台上のD51」 »

2012年8月18日 (土)

室蘭本線・追分機関区「39679号機」

追分機関区の庫内で撮影した形式入りナンバープレートの96である。この39679号機はその後、国鉄最後の仕業に付いた蒸気機関車として名を残した。撮影当時そのようなことがわかるはずも無く、数少ない形式入りナンバープレートが貴重だったからであろう。筑豊本線ではよく見かけたが、北海道仕様の96は新鮮に見えた。スノウプラウは寒冷地ならではの仕様だ。
39679大正時代から長い年月走っている機関車にしては大切に使われているようで、手入れが行き届いている。この翌年、日本の国鉄から一旦、すべての蒸気機関車が姿を消すことになる。
Minolta SRT-101+55mm/F1.4 Neopan SS 1975年夏・追分機関区

« 1975年夏の釧路駅 | トップページ | 室蘭本線・追分機関区「転写車台上のD51」 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/46741470

この記事へのトラックバック一覧です: 室蘭本線・追分機関区「39679号機」:

« 1975年夏の釧路駅 | トップページ | 室蘭本線・追分機関区「転写車台上のD51」 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと