« 続・背振とその周辺VIII(雨のネックレス) | トップページ | 日豊本線・宮崎機関区「C6120号機」 »

2012年4月16日 (月)

マッサージの後、クルマで図書館へ

土曜日、左首筋の凝りが痛みに変わり、背中〜腰にかけてどうにも堪らず、家内とともにマッサージ院へ。揉みほぐされ始まると、まどろみはいつの間にか爆睡の世界へ。たまには己の体をきちんとメンテしなきゃ、と爆睡の言い訳にもならない独り言。メンテの後クルマで図書館へ。
A.ヴィヴァルディ:ラ・ストラバガンツァ、N.マリナー指揮アカデミー・セントマーティン・イン・ザ・フィールズ
バイオリン協奏曲のようだが「ラ・ストラバガンツァ」の意味がわからない。

Images

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、クリスティアン・フェラスのヴァイオリン、カラヤン指揮ベルリンフィル

41pvj9wba4l_sl500_aa300_ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、久しぶりに聴いてみた。20歳代の頃だからかれこれ40年近くも前だ。今の年齢で聴く「ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲」いかがなものだろうか。フェラス34歳、カラヤン59歳の頃の録音。楽しみである。

« 続・背振とその周辺VIII(雨のネックレス) | トップページ | 日豊本線・宮崎機関区「C6120号機」 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/44907827

この記事へのトラックバック一覧です: マッサージの後、クルマで図書館へ:

« 続・背振とその周辺VIII(雨のネックレス) | トップページ | 日豊本線・宮崎機関区「C6120号機」 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと