« バッハ・管弦楽組曲第3番からAir #On The G String"の演奏時間を比較した | トップページ | マッサージの後、クルマで図書館へ »

2012年4月15日 (日)

続・背振とその周辺VIII(雨のネックレス)

霧雨煙る早良区・椎原(しいばる)にて。
辺りの山々にかかる靄がゆっくりと流れ、空を覆う雲間からは遅い朝陽が差し始めた。車から降り、辺りをぶらり歩きしていていると、キラキラしたものが目に止まる。猫じゃらし。近くでよく見ると針のような一本一本にびっしりとついた雨粒、その粒々に太陽の透過光、「これは撮るしか無いでしょ」と独り言を言いながら私は、撮影の準備に入った。

_0002

この日は雨粒のネックレスにも出会えた。

20120414_0001自然の織りなす演出に敬意を表しながらも、それに出会えた自分を少し、幸せに思えた一日だった。

Photoα-9000/100mmマクロ2.8、2000年・早良区椎原

« バッハ・管弦楽組曲第3番からAir #On The G String"の演奏時間を比較した | トップページ | マッサージの後、クルマで図書館へ »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/44886998

この記事へのトラックバック一覧です: 続・背振とその周辺VIII(雨のネックレス):

« バッハ・管弦楽組曲第3番からAir #On The G String"の演奏時間を比較した | トップページ | マッサージの後、クルマで図書館へ »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと