« 旅立ちの朝(次男、東京へ発つ) | トップページ | 初孫・ふーちゃん、ブログデビュー! »

2012年4月 2日 (月)

J.シュトラウス「ピチカートポルカ」が聴きたい

うらうらとしたある日の午後、クルマを走らせいつもの脊振村。空では薄い雲がレースのカーテンを用意し、春の陽光を遮ってくれた。おかげで本来の色に戻った花々が私を出迎えてくれた。自然の配慮に感謝。

_20120402白、黄色、グリーン。三色の配置をあれこれと工夫しながら、このひとときを楽しんだ。この写真を見て、J.シュトラウスの「ピチカートポルカ」を無性に聴きたくなり、カール・ベーム指揮ウィーン・フィル盤で聴きながら今日のブログを更新した。
α-9000/135mm、2005年春・佐賀県脊振村

« 旅立ちの朝(次男、東京へ発つ) | トップページ | 初孫・ふーちゃん、ブログデビュー! »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/44719673

この記事へのトラックバック一覧です: J.シュトラウス「ピチカートポルカ」が聴きたい:

« 旅立ちの朝(次男、東京へ発つ) | トップページ | 初孫・ふーちゃん、ブログデビュー! »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと