« 2週間ぶり、チャリで図書館へ | トップページ | 続・背振とその周辺VIII(雨のネックレス) »

2012年4月 8日 (日)

バッハ・管弦楽組曲第3番からAir #On The G String"の演奏時間を比較した

またまた暇にまかせて、同曲の演奏時間を比べてみた。
「Bach: Orchestral Suite #3, BWV1068 Air "On The G String"」の部分である。
カラヤン指揮ベルリンフィル盤が最も長い。K.ミュンヒンガー指揮シュトットガルト室内管弦楽団盤に比べ約1.7倍強の演奏時間だ。フルオーケストラによる荘重且つ重厚なサウンド。滔々とした大河の流れにも似たテンポ、目を閉じてゆっくりとタクトを振るカラヤンの表情を彷彿とさせる重量感ある演奏だ。

20120409_205242

 

« 2週間ぶり、チャリで図書館へ | トップページ | 続・背振とその周辺VIII(雨のネックレス) »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/44805474

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ・管弦楽組曲第3番からAir #On The G String"の演奏時間を比較した:

« 2週間ぶり、チャリで図書館へ | トップページ | 続・背振とその周辺VIII(雨のネックレス) »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと