« 幌内線「39696号機」III | トップページ | 山陰本線・滝部-長門二見間「上りD51客レ」 »

2012年4月30日 (月)

幌内線「39696号機」IV

給水塔があることから、終点折り返しの幌内駅構内だろうか。できれば転写台上の写真も撮りたかった。
たっぷりと給水を終えた39696は、しばしの休息状態だ。雨が降った様子も無いことから、幌内線での撮影を始めた時間だろう。この日は追分から夕張、その後に幌内へ移動したのか、道内撮影2日目だったような記憶も曖昧だ。

前日かこの夜、私は追分機関区内の職員宿泊所に宿泊している。道内で知り合った国鉄職員さんのおかげだ。大宮操車場勤務の方で蒸気機関車の撮影に来ていたのだ。20代半ばの年齢か、名前を失念してしまったがこの方のおかげで初の「職員宿泊所への宿泊体験」をさせていただいた。

宿泊所には大きめのお風呂があり、ゆっくりと浸ったお風呂の窓からは、構内を行き来する機関車の音が聞こえていた。ファンとして何とも贅沢な時間であった。

9600 Minolta SR-T101/28mmF2.8 Neopan SS、1975年夏・幌内線 幌内駅構内

« 幌内線「39696号機」III | トップページ | 山陰本線・滝部-長門二見間「上りD51客レ」 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
はじめまして、EOSのパパと言います。
ブログ広場で何度か拝見しておりました、本日初めてカキコさせて頂きますね。
幌内線へは私も昭和50年ころでしたでしょうか?何度か撮影に訪れています。
勿論39696も撮影しています。
当時三笠からまんじ炭山線へも乗り換えがあったような記憶がするのですが。。。定かではないです。
三笠まではD51が行き来していましたよね。
幌内まで石炭を運ぶ空のセキを何度も運ぶ96の姿が今もしっかり浮かびます。
とっても懐かしいです。
これからも楽しみにしています。
当時は私はトライXとネオパンSSSが愛用でした。

EOSのパパさん
コメントありがとうございます。
初の北海道行き、九州から遠い遠いところでした。
新幹線→北陸本線→青函連絡船→函館・室蘭本線→。。。。乗り継ぎ乗り継ぎの旅でした。
まる一昼夜はかかったんじゃないでしょうか。
当時の私にとって最長の旅でしたが、長い時間だと感じなかったのは
他の移動手段を経験していなかったからでしょうね。
バイトに明け暮れる学生に新幹線は贅沢、飛行機などは高嶺の花でした。
ブログを書きながら当時のことをいろいろ思い出しておりました。
この旅行中まともに(布団で)寝たのは、追分機関区の宿泊所のみ。他は全部、駅泊でした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/45054541

この記事へのトラックバック一覧です: 幌内線「39696号機」IV:

« 幌内線「39696号機」III | トップページ | 山陰本線・滝部-長門二見間「上りD51客レ」 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと