« TEAC X-10R の電源を久々入れてみた | トップページ | やっと再会、KarajanのWagner前奏曲集II »

2012年2月 7日 (火)

「大川わたり」再読

山本一力著「大川わたり」再読す。
一力ものを読み始めた頃だから、4年前か。あらすじは憶えていたが読み直しが細部を再現してくれた。
一力さんによると「生まれて初めて書いた長編“大川わたり”には、格別の愛着も思い入れもあります。わたしの時代小説の出発点は、まぎれもなくこの一作です」とある。
初めての長編にしては読ませます。凡庸でない作者の技能であろうか。その後の活躍はご存知の通りである。量産に近い作品の創出、おそらく池波氏を凌駕する勢いではなかろうか。今後も作者の筆致に期待したい。

51qnsaytmfl_sl500_aa300_追記:嬉しいことにこのほど山本氏も、facebookを始めたらしい。

« TEAC X-10R の電源を久々入れてみた | トップページ | やっと再会、KarajanのWagner前奏曲集II »

読後感」カテゴリの記事

コメント

はじめましてです(´0ノ`*)ブログ楽しくて結構チェックしてるんですよv(^-^)v実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってコメントしてみました(笑)仲良くしてもらえたら嬉しいです(*^▽^*)一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールくださいヘ(゚∀゚*)ノココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいですo(^▽^)oまってるねえ(^-^)/

まりこ様
コメントありがとうございます
その日の感覚でカテゴリーをチョイスしてます
今後ともよろしくご愛読のほど

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/44025036

この記事へのトラックバック一覧です: 「大川わたり」再読:

« TEAC X-10R の電源を久々入れてみた | トップページ | やっと再会、KarajanのWagner前奏曲集II »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと