« 天気も上々、チャリで図書館へ(Mahler交響曲全集) | トップページ | 圧縮について考える(ビットレートって、なんじゃ?) »

2012年2月11日 (土)

おやつのあとで、お袋は寝ていた

昨日仕事中ではあったが、たまさか近くまで来たこととここしばらく行ってなかった後ろめたさもあり、お袋を訪ねた。
おやつの後ということで「お部屋で寝てらっしゃいますよ」と介護士さん。部屋を覗くとやっぱり、お袋は寝ていた。家に居た時も眠りは浅く、声をかけると「あら、あんた来とったとー」と、顔をくしゃくしゃにして迎えてくれた。手を握り、髪に触れ、ひとときの親子の会話だ。「親との語らい」ということを、今までは如何ほどのものだと考えていたのだろうか。

Dsc00200_2身近に居る時にこれほどまで感じなかったこと。何度も同じ言葉を繰り返す母ではあるが、私が実の息子だとわかっているはずで、ときおり親子ならではの言葉や言い草を語ることでそれを垣間見せる。この時は「あんたはのんき坊主」だと何度か言った。ずっと昔から母は私のことを「あんたはのんき坊主だ」と言っていたのだ。

「お腹空いたー」「おやつ食べとらん」「あんたはずーっとおんなさい」その他いくつかの言葉を織り交ぜ繰り返すが、合間あいまに親子の間にしか存在しない語り口で言われる時に、「お袋は俺だとわかっている」と安心し現実も感じる。

 


« 天気も上々、チャリで図書館へ(Mahler交響曲全集) | トップページ | 圧縮について考える(ビットレートって、なんじゃ?) »

お袋と息子の時間」カテゴリの記事

コメント

お母様、お元気そうで何よりです。
年をとるごとに、親のありがたみが、わかってくるのでしょうね。
私も、優しい気持ちを持たなくっちゃね!

sammieさん、コメントありがとうございます
幾つになっても、親子は親子ですね
お袋が元気でいてくれることに感謝してます
生まれたての孫と91歳の母、そのあいだで
のんき坊主人生を送っております

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/44079953

この記事へのトラックバック一覧です: おやつのあとで、お袋は寝ていた:

« 天気も上々、チャリで図書館へ(Mahler交響曲全集) | トップページ | 圧縮について考える(ビットレートって、なんじゃ?) »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと