« やっと再会、KarajanのWagner前奏曲集II | トップページ | おやつのあとで、お袋は寝ていた »

2012年2月11日 (土)

天気も上々、チャリで図書館へ(Mahler交響曲全集)

数日来の寒空から一転して青い空、上々の天気だ。今日は祝日の土曜日、休みの日を一日、損した気分だがそれはまあいいとして。ビージー・アデールのジャズピアノ聴きながら愛チャリで図書館現着、これまで最多の自転車自転車!受験本番中の季節に見られる光景だ、てなこと思いながら、まずは視聴覚コーナーへ。
まあなんとしたことでしょう、マーラーの交響曲全集だなんてしかもCD11枚組!これまでで最も多い枚数、これも1点は1点。得した気分!

565

役者(指揮者)あい乱れてのパッチワーク的全集だ。しかしなかなか侮れないぞ、バーツラフ・ノイマンありーの、クルト・マズワありーので。両指揮者ともライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団とで、ノイマンは9番を、マズワは7番を指揮している。それ以外は当方初めて聴く指揮者である、一通り聴いてみるが如何せんマーラーものであるが故に、概ね13時間はかかる。ふーっ。

もうひとつのマーラー全集、こちらはレナード・バーンスタイン指揮手兵ニューヨーク・フィルとアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団で1番〜3番を借りた。全集なので残りの4番〜大地の歌までは次回以降としたい。

5132gqxmuol_sl500_aa300_

聴き比べたあ、贅沢な極みだ。

« やっと再会、KarajanのWagner前奏曲集II | トップページ | おやつのあとで、お袋は寝ていた »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/44078930

この記事へのトラックバック一覧です: 天気も上々、チャリで図書館へ(Mahler交響曲全集):

« やっと再会、KarajanのWagner前奏曲集II | トップページ | おやつのあとで、お袋は寝ていた »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと