« クルマで図書館へ、その後お袋に会いに行く | トップページ | やっぱり「山本一力」がいいね、チャリで図書館へ »

2012年2月28日 (火)

Beethoven交響曲全集

図書館でベートーベン交響曲全集、初めてのことである。
オトマール・スイトナー指揮する手兵シュターツカペレ・ベルリンとのカップリング、1980年〜1983年に統一前の東ベルリン、イエス・キリスト教会にてPCM(デジタル)録音された全集である。「スイトナー&シュターツカペレ・ベルリンの代表的な名盤として知られるベートーヴェン全集。重厚かつ柔軟、ドイツの伝統様式を受け継ぐ規範的な名演揃いと、既に高い評価を得」て、との論評がある。
最初に第9を聴いた。中盤から一気に駆け上がって行く感じの強靭さとしなやかさを併せ持つ熱演、久々に鳥肌が立った。しかも録音が秀逸、金管群の透明感が素晴らしい。カラヤン、ベームとは似て非なる第9だ。しばらくやみつきになりそう。

51pzbz147zl_sl500_aa300_

« クルマで図書館へ、その後お袋に会いに行く | トップページ | やっぱり「山本一力」がいいね、チャリで図書館へ »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/44300857

この記事へのトラックバック一覧です: Beethoven交響曲全集:

« クルマで図書館へ、その後お袋に会いに行く | トップページ | やっぱり「山本一力」がいいね、チャリで図書館へ »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと