« 続・背振とその周辺IV(初冬の情景) | トップページ | 続・タワーとその周辺II(落陽) »

2011年12月25日 (日)

X'masに3日連続チャリで図書館へ(JAL機とタワー)

午前中、母を訪ねた。昼食前のお茶の時間であった。ジェリーなようなものを介護士さんからいただきながら「あら、あんた来とったとー。あんた、たーちゃんやろ」と叔父の名前で呼ばれた。太吉という名の叔父は随分前に亡くなっていた。8人兄弟というのが母の口癖だが、その兄弟も母を含めて3人になった。最年長の母、今年91歳になった、我が家の宝である。
記録に写真を数カットとビデオをハイビジョンで撮影した。

午後からチャリで図書館へ行った。この連休毎日であった。目的は書籍よりもクラシックのCDだ。昨日借りたCDを返却し今日新たに2枚。
ともにカラヤン指揮ベルリンフィル、
ゲーザ・アンダのピアノでブラームスピアノ協奏曲第2番と
クリストフ・エッシェンバッハのピアノでベートーベンピアノ協奏曲第1番。
Images
Images33

ブラームスの2番は聴き飽きない名演だ、50年ほど前の録音とは思えない。

図書館へ行く途中で撮ったタワーがこれ。

Img_0189

9.11を思い出したがこの国にテロリストはいないだろうし。

Img_0190

ま、無事通過。上2枚は雲の白さに露出が引っぱられてアンダー気味になってしまった。しかもデジタルズームなので粗い。iPhone付属カメラの限界だ。川面に合わせて撮った下のカットは露出が適正だ。

Img_0193

西区豊浜側から撮影。

« 続・背振とその周辺IV(初冬の情景) | トップページ | 続・タワーとその周辺II(落陽) »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/43508828

この記事へのトラックバック一覧です: X'masに3日連続チャリで図書館へ(JAL機とタワー):

« 続・背振とその周辺IV(初冬の情景) | トップページ | 続・タワーとその周辺II(落陽) »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと