« チャリで福岡市立図書館へ行く | トップページ | 続・背振とその周辺II(初冬) »

2011年12月 3日 (土)

強風の中、福岡市総合図書館へ行く

_0013

ここ数日、雨混じりの強風。さすがに寒い。靴下を履かないと足下から冷えが忍び寄る。家内とお袋に会いに行った後、図書館へ。

これまで福岡市立と勘違いしていたが、この図書館の正式名称は「福岡市総合図書館」であった。
というわけで土曜日の午後、強風の中行った。さすがにチャリでは前に進まないと思い車で。
先週借りたCDを返却、新たに2枚借りた。
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルでベートーベン序曲集2枚組、
61zjxwh1ahl_aa300_
小沢征爾指揮ボストン交響楽団+クリスチャン・ツィマーマンのピアノでラフマニノフピアノ協奏曲1番・2番。
Images123

帰宅後早速iTunesにダウンロードし、今聴いているところだ。
ベートーベンのレオノーレ第3番、いいね。1960年代の録音なのでいささか懸念したがなんのなんの、いささかの心配も無かった。ベルリン・フィルの弦楽器群が重厚、50歳代後半のカラヤンが気負わず自然にベルリン・フィルをドライブしている感じだ。レオノーレ第1番、ポップな感じで明るい。

小沢征爾とツィマーマンのラフマニノフも楽しみだ、ゆっくりじっくりと聴いて行きたい。

書籍は相変わらず一力もの、背負い富士といかずち切りの2冊再読だ。

風野真知雄の深川芸者殺人事件、浅草妖刀殺人事件の2冊。この著者もの、最近久々に購入した文庫本がそれなりに面白くて同じシリーズを借りてみた。他には雑誌を1冊。図書館は気楽で良い、有るものを借りて読後は返せば済むので蔵書として場所取らず、図書館が私の本棚と割り切ればこんなに都合のよいことはない、無料だし。

« チャリで福岡市立図書館へ行く | トップページ | 続・背振とその周辺II(初冬) »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/43241250

この記事へのトラックバック一覧です: 強風の中、福岡市総合図書館へ行く:

« チャリで福岡市立図書館へ行く | トップページ | 続・背振とその周辺II(初冬) »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと