« 強風の中、福岡市総合図書館へ行く | トップページ | 向かい風の中、チャリで図書館へ »

2011年12月 4日 (日)

続・背振とその周辺II(初冬)

初冬の風景を求めて朝早く、背振に向かった。昨晩から風もなく放射冷却の朝であった。冷え込みはきつく吐く息が白くなった。
陽が差していないところは降りた霜で真っ白、冷え込みのきつさを物語る。素手で三脚を触るのもたまらない。かじかむ指先でカメラにフィルムをセット、ファインダを覗くと顔の体温で曇ってしまった。

_0016_111204

ようやく辺りに陽が差し始めた。場所を移動して季節の風情を探した。晩秋か初冬か、そんなことを想いながら何かないかなと辺りを見たら、陽に当たる枯れた芥子が目に止まった。
枯れながらもしっかりと枝先に留まっている。なんという生命力か。有る意味で感心した。その様をとどめようと敬意を表しシャッターを押した。

_0014

« 強風の中、福岡市総合図書館へ行く | トップページ | 向かい風の中、チャリで図書館へ »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/43248201

この記事へのトラックバック一覧です: 続・背振とその周辺II(初冬):

« 強風の中、福岡市総合図書館へ行く | トップページ | 向かい風の中、チャリで図書館へ »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと