« 薄陽差す日曜の午後、母を訪ねる | トップページ | 強風の中、福岡市総合図書館へ行く »

2011年11月26日 (土)

チャリで福岡市立図書館へ行く

今日は自転車で福岡市立図書館まで出かけた、福岡に戻って以来初めてだ。自宅を出てマイカー道路を走り、その後は都市高速の下を室見川沿いによかトピア通りへ、自宅から図書館まで15分程度か。土曜日でお天気にも恵まれ駐輪所は一杯だ。今日の目的はクラシックCDと本を借りること。福岡市の図書館はCDの貸出もありだ。単身赴任先・大分の県立図書館にもCDがあり館内で鑑賞することは出来たが貸出はしていなかった。

今日借りたのは

ジュゼッペ・シノーポリ指揮フィルハーモニア管弦楽団でチャイコフスキー交響曲第5番
51k3j8cymyl_sl500_aa300_

クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団でシューベルト交響曲第9番「グレート」

の2枚。貸出は2枚までだ。

先ほどまでチャイコフスキーを聴いていたがなかなか、若さを感じる音だ。今はシューベルトを聴いている、ゲバントハウスは暖かみを感じる音だ。まだまだじっくりと聞き込んでみたい。

本は山本一力著「銀しゃり」

中公竹義著「100円ノート超メモ術」

office for Mac 2008の3冊を一緒に借りた。「銀しゃり」は再々読んだが通勤電車内で読むのにちょうどいいかなと思って借りた。

図書館周辺の木々の葉はだいぶ散っていた、秋も急ぎ足で終わろうとしている様子。次回はカメラを手にして来てみようかと思った。下の写真は随分前に撮った福岡市立博物館である。

_0029

« 薄陽差す日曜の午後、母を訪ねる | トップページ | 強風の中、福岡市総合図書館へ行く »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/43156100

この記事へのトラックバック一覧です: チャリで福岡市立図書館へ行く:

« 薄陽差す日曜の午後、母を訪ねる | トップページ | 強風の中、福岡市総合図書館へ行く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと