« 背振とその周辺XIX(柿の木と白壁の土蔵) | トップページ | 続・背振とその周辺(実りの秋) »

2011年10月29日 (土)

背振とその周辺XX(錦秋の空)

紅葉を求めて椎原から沢へと入り、室見川源流への道を辿る。鬱蒼と茂る杉木立の中を左右にカーブしながら勾配のある道を登る。
開けた運転席側の車窓から渓流の音が聞こえ、少しヒンヤリした空気が車窓から入る。
右に開けた場所まで来ると鮮やかな色が目に飛び込む。見上げるとそこには、錦秋の空があった。

_0018

« 背振とその周辺XIX(柿の木と白壁の土蔵) | トップページ | 続・背振とその周辺(実りの秋) »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/42737755

この記事へのトラックバック一覧です: 背振とその周辺XX(錦秋の空):

« 背振とその周辺XIX(柿の木と白壁の土蔵) | トップページ | 続・背振とその周辺(実りの秋) »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと