« タワーとその周辺XX(雲飛ぶ夕景の中で) | トップページ | 背振とその周辺XX(錦秋の空) »

2011年10月29日 (土)

背振とその周辺XIX(柿の木と白壁の土蔵)

秋晴れの日、たわわに実った柿の木を見つけた。白壁の土蔵が似合う風景だ。おそらく何十年も使い込まれたのだろう、風雪に耐えながらも一部の壁がはげているがそれでも立派な倉である。
背景に竹林と大きな柿の木、日本の風景だ。プレハブの小屋には吊るし柿ともタマネギとも見えるのが干されている。
陽の差す角度から、午後ではないか。日がな一日撮影しての帰り道だったのかもしれない。脇山から椎原への途中での一コマである。

_0052

« タワーとその周辺XX(雲飛ぶ夕景の中で) | トップページ | 背振とその周辺XX(錦秋の空) »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/42737603

この記事へのトラックバック一覧です: 背振とその周辺XIX(柿の木と白壁の土蔵):

« タワーとその周辺XX(雲飛ぶ夕景の中で) | トップページ | 背振とその周辺XX(錦秋の空) »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと