« 続・背振とその周辺(実りの秋) | トップページ | ラッキー、逝く »

2011年10月30日 (日)

秋の長雨・母を訪ねて

一昨日の金曜日以来の雨、傘を差して出歩くのも鬱陶しいが、土曜日の昨日は午後から市の図書館へ。借りていた本を返却し、再発行してもらった貸出カードで5冊借りた。山本一力もの3冊、池波正太郎もの2冊。一度は読んだ本なのだが気楽に読めるのが良い。
図書館利用のおかげでここ数年、新刊書を購入することが少ない。
自室でのんびりと過ごす時間ほど贅沢なものはない。好きな時間にPCを触り、寝転がって本を読む。至福である。

特養老人ホームに母が入所してひと月足らずが過ぎた。母に会いに行くのは週一のペースで週末がほとんどだが、ホーム方面に行ったついでの平日も覗いてみた。
行くとパジャマを着た母はお昼寝の最中だった。というより終日、うつらうつらとしているようで。食事の際は車椅子に乗り、名前シールが貼られたテーブルの場所で食事しているようだ。その後はロビーで他の入所者の方と寛いでいるのか。
ベッドに横たわる母のそばに行くと、浅い眠りから目が覚めた様子で「あら、あたしの息子、会いたかったー」と言う。「もう、どこにも行かんと。ずーっとここにおんなさい」といつものセリフで迎えてくれる。
パジャマの袖を手にして「あたしが縫うたと」と言う。長年、和裁師として身を立てていたことでもあり、和服の袖と思い込んでいるのか。はじめは勘違いの言葉に違和感と驚きと寂しさを感じていたがこの頃は、私に語りかける母そのものに感謝している。
物言いのあちこちに未だに残る飯塚弁、すこし高めのキー。肉声が聴けて表情も動作もライブそのもの、そのことを体感できることに感謝している。長生きしてくれること自体に感謝だ。
母方の家系はみな長寿、ほとんどが80歳越えだ。母は更に90歳越えの記録保持者、母の息子として本当にありがたいことだ。もっともっと長生きして記録を更新してください、かあちゃん。

_0004

« 続・背振とその周辺(実りの秋) | トップページ | ラッキー、逝く »

お袋と息子の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/42751702

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の長雨・母を訪ねて:

« 続・背振とその周辺(実りの秋) | トップページ | ラッキー、逝く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと