« 背振とその周辺XVII(お正月・椿) | トップページ | 背振とその周辺XIX(6×7で撮る夕陽当たる杉木立) »

2011年8月28日 (日)

背振とその周辺XVIII(燃える秋・狛犬)

背振の紅葉、見頃は毎年11月頃だ。9月の下旬、麓の田畑に曼珠沙華(彼岸花)が咲き競い始めると紅葉の秋がゆっくりとスタートする。季節はとても正直だ。先人が名付けた彼岸花、まさしく秋の彼岸を前にして咲き始める。厳しい残暑も燃えるような紅蓮の色には負けそうなほどに、曼珠沙華の赤は鮮やかだ。
この日は脊振村にある神社境内へ、遠目にも境内の紅葉が目に染みる。
狛犬さん阿(あ)、狛犬さん吽(うん)。戦前の教科書に載っていたと聞く。ここの狛犬は長年風雨に晒され風化しつつあった。ところどころ苔むしたりして、気候の寒暖の差もあり麓の狛犬より風格がある。
背景に燃え上がる紅葉を配し、引いたのとアップを2葉。

_0051

見方にもよるが、上のカットはレフ板を効かせたように見えるのが不思議だ。

_0050

« 背振とその周辺XVII(お正月・椿) | トップページ | 背振とその周辺XIX(6×7で撮る夕陽当たる杉木立) »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/41387606

この記事へのトラックバック一覧です: 背振とその周辺XVIII(燃える秋・狛犬):

« 背振とその周辺XVII(お正月・椿) | トップページ | 背振とその周辺XIX(6×7で撮る夕陽当たる杉木立) »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと