« 厳冬の背振山頂付近II(九州自然歩道) | トップページ | タワーとその周辺XIV(夕景・冬II) »

2011年8月11日 (木)

厳冬の背振(氷結)

山頂での撮影を終え下山途中、脇道に入り沢を目指す。期待通り、渓流のあちこちに結氷したつららを見ることが出来た。岩場に貼り付いたシダが氷に閉ざされていた。

_0002

透明感ある自然の造形に出逢えたことをこの日も感謝しながら、シャッターを切った。

_0004

« 厳冬の背振山頂付近II(九州自然歩道) | トップページ | タワーとその周辺XIV(夕景・冬II) »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント


涼しそう!!
今頃こういう光景を見るのは、いいですね。
すごく、芸術的!
素晴らしいシャッターチャンスですね。
幾時間もかけて、このチャンスに出会うのですね。
思わず、笑みがこぼれそうです。

sammieさん、コメントありがとうございます。
毎日が猛暑でスタミナが落ちていく気がします。つい食事も手抜きしがちですが明日のことを考え、ご飯を炊きおかずをこさえて、しっかり食事してます。食事を準備する時間はちっとも気になりません、すこしでも美味しくなればと、手間ひまを惜しみません。夏野菜のみそ汁もおいしい(とくにオクラを入れたの)
今日は私の○回目の誕生日。いただきもの白桃の香りを楽しみながら軽めの水割りで乾杯です!leo

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/41165059

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬の背振(氷結):

« 厳冬の背振山頂付近II(九州自然歩道) | トップページ | タワーとその周辺XIV(夕景・冬II) »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと