« 阿蘇とその周辺(俵山〜高森) | トップページ | 小戸の大観覧車 »

2011年7月 4日 (月)

背振とその周辺XIV(森の奥に切出し小屋)

雨上がり。いつもの椎原村から沢沿いに森に入る。あちこちから小鳥のさえずり、木々の間をわたる風。人の気配はなく、自然の音しか聞こえない。全身に贅沢な森林浴、ここまで来ないと得られない時間だ。
さらに奥に足を延ばすと、始めての場所にたどり着いた。そこにはきれいに整然と積み重ねられた大小の丸太が。細い・太い、リズミカルに積まれた丸太。
これは絵になると、さっそく三脚をセット。被写界深度を深めにが狙いで、絞り込む。前後に補正をかけ数カット。小屋とその周辺だけが拓けて、空の明るさが届いていた。

Ps_2

« 阿蘇とその周辺(俵山〜高森) | トップページ | 小戸の大観覧車 »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/40676363

この記事へのトラックバック一覧です: 背振とその周辺XIV(森の奥に切出し小屋):

« 阿蘇とその周辺(俵山〜高森) | トップページ | 小戸の大観覧車 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと