« 友泉亭の門 | トップページ | 1970.9.17豊肥本線下り9600重連客レ »

2011年6月11日 (土)

背振とその周辺X(カノコユリ)

暑い盛りの夏の日、花弁の鮮やかさに目を奪われて以来、この季節になると毎年訪れては同じポイントで撮影した。早良区・椎原でのショット。

_0005

ユリ科の一種で「四国・九州地方の山地に自生、花が美しいので、昔から観賞用に栽培。和名は花弁に鹿の子模様の斑点がある」ことから「カノコユリ」と呼ばれているようで、青い空白い雲が良く似合う夏の花だ。

_0006

« 友泉亭の門 | トップページ | 1970.9.17豊肥本線下り9600重連客レ »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

かのこゆり、きれいだ。
この画像みたような記憶が・・・
いつごろの写真ですか?

kannsyuさん、どーも。
撮影時期のメモがないので曖昧ですが、2000年頃でしょうか。
利休座像、gooですねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/40350213

この記事へのトラックバック一覧です: 背振とその周辺X(カノコユリ):

« 友泉亭の門 | トップページ | 1970.9.17豊肥本線下り9600重連客レ »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと