« 背振とその周辺VIII(日本の風景) | トップページ | 安心院のワインセラーに行く »

2011年5月29日 (日)

背振とその周辺IX(日本の風景)

雨上がりを待って、早良区椎原に向かった。集落から椎原川沿いに登ると少し開けた河原がある。紅葉のスポットとして大事な場所だ。
周辺を木々に覆われた河原。日差しの時間も短い。曇天のこの日は更に暗かった。時折小雨が通り過ぎる。近くの梢で野鳥のさえずりが聞こえる。静かなひととき、これも日本の風景と言えまいか。
河原に降り、三脚を立てる。川の流れに時の経過を重ねたく、スローなシャッター速度に設定した。岩に張り付く落葉がアクセントになった。

_0046_2

場所を移動し、佐賀県側に向かう。春の桜並木は有名だが、梅雨の季節は人も少ない。おかげでゆっくりと紫陽花の撮影ができる。道路沿いだが車の往来もさほど無く、三脚を立てるのも思い通りだ。

雨の雫を期待していたが、花の表面からはすっかり消えてしまっていた。露出計を見ると意外に暗く、絞り込むと1/8位のシャッタースピードか。ただ背景のボケも欲しくて絞り値を決定。花の表情を出したくて軽くストロボを同調させた。

_0044

 

 

« 背振とその周辺VIII(日本の風景) | トップページ | 安心院のワインセラーに行く »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/40175989

この記事へのトラックバック一覧です: 背振とその周辺IX(日本の風景):

« 背振とその周辺VIII(日本の風景) | トップページ | 安心院のワインセラーに行く »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと