« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

山本一力著「おたふく」再読

日経新聞社刊・山本一力著「おたふく」再読す。
やはりこんな(展開の)調子が一力物と実感させる中味だ。
深川
札差
武家
大店
小料理屋
棄捐令
甘味・まんじゅう
両国・料亭「折り鶴」
門前仲町・料亭「江戸屋」他多々。
山本作品の常連だ。中でも江戸屋は常に大切な役処だが、今回は折り鶴が背負って立つ。
札差・伊勢屋も健在だ。
今回の作品には北町奉行が大きな役を担った。
四国・土佐出身の山本氏らしく、初鰹のたたきも披露。
この作品では上物の海産物を商う特選堂次男が、家を出て不景気風の江戸で商いを考え、コンパクトな規模で始めた弁当屋が意外な展開から、江戸市中を商圏とする規模に展開する過程が描かれている。それに至るまでに前出の面々が、身の丈に見合う仕事をしていく筋書きだ。
江戸の景気を刺激すると期待させる展開は、読んでいて心地よい。

2011年4月26日 (火)

Tower City Fukuoka V

これが私の「風景写真の原点」と言える。

Tower_city_fukuoka

Tower City Fukuoka IV

福岡都市高速・荒津大橋。
ツリー状の架橋が気に入っていた。博多湾から吹く風で橋の上は揺れたりする。東西に延びる道路を見るたびに、福岡と言う街はまだまだ成長していくのかと期待させる。

Tower_city_fukuoka_0011

2011年4月24日 (日)

光と遊ぶ

家族でよく行ったシーサイド百道で夜、親父の撮影に子供たちが協力してくれた。小学生の頃だ。懐かしい。

1

Photo

2011年4月23日 (土)

Tower City Fukuoka III

すっかり陽も落ちて、埠頭をわたる夜風が冷たい。頭上は福岡都市高速、使ったフィルムがタングステンだったので照明がブルーになった。
Tower_city_fukuoka_0004

2011年4月22日 (金)

Tower City Fukuoka II

陽が落ちるまで待っていた。都市高速の下は海をわたる風で少し寒かった。初秋の風はまだ耐えられるが、冬はたまらんだろうな、と思った。
次第に西の空は夕映えし始め、風に流される雲とまだらになった。
博多埠頭、と読めるイルミネーション。ベイサイド・プレイスとも呼んでいるこの場所からは、志賀島行きのフェリーに乗ることができる。ここのタワーは随分と昔からある。

Tower_city_fukuoka_0009

2011年4月20日 (水)

Tower City Fukuoka

月と福岡ドーム(現・ヤフードーム)
ドーム以外に何もない
この夜は月がきれいだった
写真では左から右へ並ぶ街路灯
都市高速の灯りだろう
気持ち良いくらいに周辺に何もない
こんな時代があったのだ

Tower_city_fukuoka_0010

2011年4月17日 (日)

春の風景

菜の花だろうか、わずかに残っている。
古い農家の納屋、家の人がその日の食材用に作った畑だろう。
納屋の奥には梅や桃の木に花が咲いていた。
午前の陽はやわらかい。時が止まったような風景だった。
1303020652697.jpg

2011年4月14日 (木)

春の夕焼け

この日は西の空を真紅に染め上げ、太陽は可也山(別名・筑紫富士)に没した。日が沈むと辺りは急に冷え込んでくる。日中の陽気と夜の冷え込みは春ならではだ。
入学式などの行事も終わり、日常のときの流れが戻ってくる。
会社も新年度を過ぎ人の異動も終わり、日常を取り戻す。それぞれのペースが戻ってくる。そしてまた会社の一年が始まった。

_0005

お花見

例年この時期に会社のお花見、伝統にしようと今年も実施した。が、会場の公園にはわれわれ1グループのみであった。
風なく寒くなく絶好のお花見日和ではあったが、人いなく寂しい。
気持ちを取り直して用意した食材でバーベキューを始めた。近所の市場で買いそろえた肉、野菜、かまぼこ、魚介類。みな美味しかった。
3時間くらいいただろうか、それなりに楽しんで今年のお花見をお開きにした。
例年、沢山の人が楽しむお花見、今年は提灯などの飾りもなく地味に終わったが、自粛を自粛したいものだ。
以前撮った写真をアップしたい。

Img_0008

2011年4月10日 (日)

投票に行く

今が見頃の桜咲く今日午前。お袋を車いすに乗せ次男と一緒に投票所へ行った。先の参院選のときと同じメンバーだ。
投票所ではご近所の町内会の方が立会人のお一人だった。「ごくろうさまです」と声をかけられた。毎朝ちかくの交差点で児童の登校を見守る方で、同じ時間帯にデイサービスに出かける(というか送迎の車に乗る)お袋のことも良くご存知だ。
九十歳になるお袋、(区役所の)係の女性に「あんた、美人」男性に「あんた、よか男」と言うところはいつものお袋である。
鉛筆を持てず自分で書くことが出来ない。係の人が「代理で記入しますから投票される候補者はどなたですか」と候補者名が記載された一覧表をお袋に見せ、一人一人を指さしていた。「この人」とお袋が指した候補者名を投票用紙に記入した係の女性。投票箱に入れる時も厳かな儀式さながら係の人が車いすを押して場内を一周する。
行きも帰りもお袋、次男と語らいながら「桜が咲いとう」「よか天気」「おなか空いた」など話題も豊富。。。平和な我が家の一コマである。

Img_0051_2

2011年4月 7日 (木)

アポロ13を観る

もう何度目だろう、何回観ても熱くなるのは本物の証拠だ。日本での公開が1995年7月とあるからそれなりに以前の作品である。
フィラデルフィア、フォレストガンプで2年連続アカデミー主演男優賞を受賞した翌年のトム・ハンクス主演作品である。

月面着陸することなく、いろいろなトラブルを克服して、アポロ13号いよいよ大気圏再突入。
当時のタイムリミットは3分、これ以上経つと生存の望みが絶たれるのか。
ケン・マッティングリー役のゲイリー・シニーズが、アポロ13号に何度も呼びかける。何度も何度も。
限界の3分を過ぎ応答がない。
待つ人の感情が極限にまで達し、live or dieを皆が実感する。
4分を過ぎガリガリと雑音に混じって、ジム・ラヴェル役のトム・ハンクスの声が聞こえてくる。
待ち望んだみんなが一斉に歓声を上げる。
主席飛行管制官ジーン・クランツ役のエド・ハリスが目をまっ赤にして感動を押さえるシーンには、その思いが痛いほど伝わって来た。
管制室では、無事生還を祝い皆が葉巻を吸うシーンがある。なんとも粋ではないか、いかにも the america を感じさせる。

映画、ほんとに良いねえmovie

チューリップ祭り

大分県は豊後大野市、緒方町。チューリップ祭りのワンスナップ。

Img_0078_2

2011年4月 6日 (水)

いよいよ春本番

この日も気持ちのいい一日。ここは大分県臼杵市、町中にある城址。この日はほぼ満開、絶好のお花見日和であった。

Img_0028_2_110406

同じく大分県は由布市、背景に由布岳を。流れる川土手には満開の菜の花と盛りの桜が好対照だ。観光に訪れたグループがスナップを撮っていた。

Img_0013_2_110406

2011年4月 4日 (月)

タワーのある風景IV

タワー前公園で。乾いた喉を潤すのにちょうど良い。夕方ならではの色が鮮やかだ。

_0010

タワーの近くにあるモニュメント。よかトピアのときにはすでにあったように思う。ご覧の通り夜はライトアップされる。少し気味が悪い。

_0006

2011年4月 3日 (日)

タワーのある風景III

さらにもういっちょ。
愛宕山からの俯瞰。このアングルからは初めてのトライだった。
完成間近の福岡ドーム(現:ヤフードーム)だが、あちこちにクレーンも沢山見える。周辺にもやっと建設ラッシュが訪れたようだ。当時は百道ランプまでしか来ていなかったので、都市高速は全く見えない。

_0007

室見川の河口に場所を移動し朝日を待った。
やがて2隻の漁船が網を引いて上流に向かって行った。初めて見る光景だった。

_0014

タワーのある風景II

勢いでタワーもの、続き。
スライドのマウントに「92.10.31」とペン書きしていた。随分と前のショットだ。
タワー北側・浜にでるとマリゾンがある。暮れた空のブルーと建屋のネオンが対照的だ。「MAGELLAN」と読むのか。秋の夕暮れは風冷たく客もいないようだ。

_0009

少し離れた位置からタワーとマリゾンを絡めてみた。人工浜の水面に照明が写った。タングステンを使ったのでタワーの照明が真っ青になった。

_0008

タワーのある風景

ある日の舞鶴公園。満開の桜に誘われ多くの見物客が。公園前のお堀端もご覧の通り。ここからタワーが見えるのに気付いた。風もなくなんとも気持ちのよい一日だった。

Photo

園内を歩くとこモダンな電灯があった。少しおしゃれにワンショットした。

_0001

2011年4月 2日 (土)

福岡市舞鶴公園

気持ちのいい休日、桜を求めて福岡市の舞鶴公園に。園内のあちこちで桜を愛でる多くの人が来てた。風なくやんわりとふりそそぐ陽光は、この季節ならではだ。毎年楽しませてくれる桜は、やはり日本人にとって特別な感傷をもたせてくれるのだろうか。
今年もあちこちで桜の花が開き始めた。さて今日は、子供たちからプレゼントしてもらったデジ一下げて、近くの公園に行ってみるかsun

Photo

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと