« 宝飾のように | トップページ | 愛燦々、そして慟哭 »

2011年3月17日 (木)

森の貴婦人たち

昨夜来の雨が上がった朝、背振の森に入った。日が射すとあちこちにきらきら輝く猫じゃらしを見つけた。体中にびっしりと付いた朝露、それはまるで高価な宝石のように見えた。さわると宝石が落ちてしまいそうだった。
_0027
_0028
_0029

« 宝飾のように | トップページ | 愛燦々、そして慟哭 »

風景写真・夏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/39259161

この記事へのトラックバック一覧です: 森の貴婦人たち:

« 宝飾のように | トップページ | 愛燦々、そして慟哭 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと