« デフレの正体、を読む | トップページ | 厳冬の三瀬村 »

2011年1月 3日 (月)

霧の朝

背振・板屋峠の手前に、お気に入りのポイントがあった。見過ごせばわからないほど入り口も狭く、農機がやっと通るほどの小径を行くと、ワイドのように風景が広がった。
夜明け前から一面の霧、一本の松ノ木が見えるまでしばらく待った。Pentax67IIのシャッターをきったあと、
22F6636D-6309-4E44-BF78-D55DFFEBFA94彼方からカッコウのさえずりが聞こえて来た。

« デフレの正体、を読む | トップページ | 厳冬の三瀬村 »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくです。

兄貴、6×7持ってるの!
スゲ~!

風景写真憧れのカメラ

いいな いいな

kojiさん、コメントありがとうございます。俗世はまだ正月休みです。
カメラ出向の一時期、67を使っていました。メーカーは生産終了らしく、在庫がなくなれば市中在庫か中古のみになりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/38321012

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の朝:

« デフレの正体、を読む | トップページ | 厳冬の三瀬村 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと