« 山本一力著「ほかげ橋夕景」、読後感 | トップページ | ソニック37号自由席満席 »

2011年1月14日 (金)

雪の朝

夜半から降った雪が畦と畑に畝の模様を残していた。
年明け早々に訪れた、お気に入りの場所。
板谷峠に至る林道から脇に入ると、いつもの地点だ。
「霧の朝」でアップした画像と全く同じ場所である。
Photo









気温はさほど低くはなく、手がかじかむほどでもなかったが、どんよりと曇った空が撮影意欲を失わせるのであった。

この場所がまだ耕作し続けているかは不明だが、筆者にとってなじみの光景はいつまでも変わらないでほしいと思う。

« 山本一力著「ほかげ橋夕景」、読後感 | トップページ | ソニック37号自由席満席 »

背振とその周辺」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
寒さが伝わりますね。
空気がピンと張っていて
こんな景色
撮りに行きたいですね。

志賀島の海鵜を撮りに行ったことを
想い出します。

今度、撮影に行きましょうよ。
兄貴!

kojiさん
コメントありがとうございます
志賀島の海鵜
懐かしいですね

今朝の桜島、いいすね
ゴジラがバックライトの中から
出てきましたね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448014/38458261

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の朝:

« 山本一力著「ほかげ橋夕景」、読後感 | トップページ | ソニック37号自由席満席 »

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

時計

  • 初心者でわかるFX
フォト
無料ブログはココログ

ぽちっと